NOMAD LIFE IN TURKEY

【トルコ在住】27歳リモートワーカーの暮らしblog

無料の30日間朝ヨガチャレンジに挑戦!【DAY 1】

 

みなさん、こんにちは!

ボドルム在住のNaoです。

 

実は今日から

Arisa Kubota先生のヨガチャレンジに挑戦することに決めました!

f:id:lvst729:20201023162626j:plain

記事の最後に、Youtubeリンク貼ってるので興味のある方はぜひ見てみてください!

 

というもの、

最近大学時代の友達と電話をし、

色々最近の悩みや将来挑戦したいことなど話していたんです。

 

その友達は、数ヶ月前からラジオを始めていて、

このブログでも紹介したAKANEちゃんです。

 

nomad-life-in-turkey.hateblo.jp

 

過去の記事に、AKANEちゃんとの出会いやラジオのことを書いているので

よかったらご覧ください :)

 

本格的にヨガをやりたいと思ったきっかけ

実は、最近のAKANEちゃんとの電話で、

お互い、社会人になってから感じたメンタルヘルスの不調や、

今意識していることがとても近くて、ついつい長電話をしてしまいました。笑

 

AKANEちゃんが考えていることを聞いたり、

私が考えていることを口にすることで、

案外行動に移すことが明確に見えてきた気がします。

 

実は、私がずっと心の中でやりたいと思っていたことは、

「ヨガの探求」だったんです。

 

私はコロナがきっかけで、一時帰国を諦め、

トルコに長期滞在することになりました。

 

そして外出禁止期間等あったことで、

流石に体動かさないとなあ〜と直感的に感じていたんです。

 

今まで運動をサボっていた自分を振り返る

私は小中学校と本格的にバレーボールに打ち込んだことが原因で、

先天性の円盤状半月から両膝の半月板損傷になりました。

 

膝の軟骨近くにある、半月板が人より大きくて

満月板wになっていたために、激しい運動をしたことで摩擦が起こり、

割れちゃったという病気でした。

 

それまでは走ることやスポーツが大好きで、

リレーではアンカーをしたり、

バレーボールではセッターのポジションを任されたり、

活発な幼少時代を過ごしていました。

 

でも小学5年生の運動会の時、

今でも覚えている出来事が起こりました。

 

しかも、みんなが大注目のリレーの最中にです。

 

今まで走ったり、階段を上り下りしたりする時に、

膝の骨が絡まり、ゴリっゴリっていう音と、激痛が走っていたのですが、

 

まさかその症状が・・・

 

リレー中バトンをもらい、

アンカーとして最初のコーナーを走っている時に起こってしまったんです。

 

膝がガクンと落ちて、激痛が走り、走れなくなってしまいました。

痛さと、驚き、そして最後まで走れなかった悔しさで、

そのあとずっと泣いていたのを覚えています。

 

その後病院に行き、半月板損傷と診断され、

小学5年生の時に右膝、中学1年生の時に左膝という風に、

両膝の手術、そしてそれぞれ1ヶ月ずつの入院&3ヶ月運動禁止を経験しました。

 

今思えば、その時から適正体重以上の体重を更新しまくり、

いわゆるBMI標準の肥満よりな体型になってしまったと思います。

 

術後はリハビリに通い、また中学校でもバレーをしたかったんですが、

常に膝に水がたまったり、痛みがあったりして、

結局活躍できたのは中学1年生までで、2・3年生の時は補欠でした。

 

それ以降、高校では大好きなバレーボールに携わりたかったので、

プレーヤーを諦め、女子バレー部のマネージャーとして

3年間の部活動生活をしていた過去があります。

 

26歳まで何も自分自身のケアをしてこなかった私

前置きは長くなってしまいましたが、

そのような経緯で、私は運動が好きだったのに、

お婆ちゃんみたいな膝問題で、結局運動をすることが億劫に・・・

 

膝のためにも痩せた方がいいのに、

運動量が減ったために結局どんどん重くなっていく体・・・

 

でも食欲旺盛なので、あんまり動かないのに満腹になるまで食べてました。笑

 

そして気づけば26歳の春先、コロナがパンデミックになり、

ヨガを始めて、27歳の今に至ります。笑

 

ヨガを継続することで変わってきた私

ヨガを始める前、

彼と付き合ってから、初めてトルコに来た時は、

 

全ての食べ物が美味しくて、完全に食べ過ぎていて

彼からコンロールしなさいと何度も注意されていたのを思い出します。笑

 

でも今年に入って、ヨガを毎日数十分続けるだけで、

食事制限をしていないのに、体重がどんどん減ってきた感覚がありました。

 

実はしばらくの間、トルコのお家に体重計がなかったので、

最近体重計を買ってようやく何キロくらい痩せたのかを知ることになりました。

 

自分でも感じていた体の重さが、

今は走り出したくなるような軽さにようやく近づいてきたなあ〜という感じです。

 

特に胸の下あたりのお腹のお肉が塊みたいにあったのに

気づけば自然となくなっているなあ〜

 

とか

 

お尻・太ももがパンパンで、お母さんのジーンズ履けなかったのに

今ではすっぽり入るようになったほどの変わりようです。

 

なぜヨガなのか?

でもなぜ、もっとヨガを探求したいのかというと、

最近の私は、メンタルヘルスケアに興味関心があり、

 

揺らぎがちな女性のメンタルを健康に保つためには、

ヨガがかなり効くなあと感じていて、もっと極めたいと思ったからです。

 

私は今も酒さという皮膚疾患があり、

まだまだ毒出しもしきれてなさそうだし、

 

生理前の精神状態も悪くなるし、

生理痛なども最初の1〜2日は結構あるので、

 

まだまだ自分が本当に健康で幸せだ!という状態にはいません。

 

だからヨガを通して、

もっと自分の体に意識を向ける時間を作って、

自信を持って私は心も体も健康だ!と言えるようになるのが目標です。

 

自分の思いを声にすることで、引き寄せられたチャンス!

そんな自分の悩みを話した時に
AKANEちゃんが教えてくれたのが、Arisa Kubota先生でした!

 

Arisa先生のブログやYoutubeをみて、

あっという間に、こんな女性になりたい!という憧れになったし、

 

無料の30日間ヨガチャレンジ!というものを発見して、

もうこれはやってみるしかない!という気持ちになりました :)

 

体重はあと2、3キロほどヨガを通して軽くしたいのと、

体内の血流をもっとよくして、酒さの症状を緩和させられればと思います。

 

30日間なので、上の目標達成には時間が足りないかもしれませんが、

少しでも自分のために、挑戦したいと思います :)

 

今までは寝る前に続けていたヨガですが、

この30日間のチャレンジは、朝起きてすぐにやってみたいと思っています!

 

早速今日は【DAY 1】を始めました!


【朝ヨガ完全版】DAY 1 全身ストレッチヨガ - 30 DAY ヨガ Growth

 

最初は頭で何か考えていた状態から、

どんどん体の動きを感じられる状態に変化した自分に気づけました。

 

ここの筋力が普段あまり使われていなかったなあ〜

朝の新鮮な空気、静かな時間って最高だな〜

 

と思え、この朝ヨガを私のルーティンにしたい!と感じています。

 

Arisa先生いわく、続けるためには時間や場所を決めるのがいいらしく、

私は朝起きてすぐ、静かな部屋でやっていこうと思います!

 

ここに宣言することでも続けられたらと思います。笑

 

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました!

 

それではまた(^^)/~~~

 

Nao

 

27歳になってようやく分かってきた、自分なりのストレス解消法

 

みなさん、こんばんは!

ボドルム在住のNaoです。

 

最近のボドルムは、

かなり本格的に秋になってきて、日中もだいぶ冷え込んできました。

 

とはいえ、晴れの日はちょっと寒いけど

まだまだ海で泳げる季節ではあります。

 

でも風邪ひきそうなので、海で泳ぐのは10分くらいなもんです。笑

f:id:lvst729:20201021023241j:plain

最近は、ピクニックにハマり、ビーチでキャッチボールや昼寝が趣味です。笑

 

最近のトルコのコロナ事情はというと・・・

 

コロナ発症者(無症状感染者を除く)が約2000人まで増えてきており、

 

この季節の変わり目に風邪をひいてしまうと大変なので、

免疫力を下げないように気をつけながら暮らしております。

 

さて、今回のブログのお題は

「自分なりのストレス解消法」についてです。

 

コロナの影響で一時帰国しにくい状況もあって、

かれこれ8〜9ヶ月ほどトルコに住んでいます。

 

今まで日本を離れてフィリピンで長期間暮らすことはありましたが、

その当時から、上手くストレス解消することができず

溜めに溜め込んで熱が出たり、やる気がなくなってずっと寝たりしていました。

 

でもトルコにきてからライフスタイルが大きく変わり、

仕事をリモートワークにしたことで、自分と向き合う時間が増え、

何をすれば自分を幸せにできるのかということを考えるように。

 

そうしているうちに、

自分なりのストレス解消法(問題の解決策)が見えてきた気がします。

 

参考になるかはわかりませんが、

自分のための備忘録としても、このブログに残しておこうと思います。

 

①数十分でもいいから、毎日ヨガをする

私は今年の4月ごろ、コロナが世界的なパンデミックとなり、

トルコで外出禁止令が発令されたあたりから、

毎日Youtubeを見ながらポーズを覚えて、ヨガをするようになりました。

 

それまでの私といえば・・・

 

仕事から帰ってきたら消耗しきっていて、

ヨガやストレッチする気力すらなかったです。

 

特にホテル勤務時代は、

ヒールを履いての立ち仕事+早歩きで大型レストランを歩き回っていたので

 

親指の爪が紫色になっていたし、

肩こりが悪化し首に大きなしこりができたり、

足の裏が痛み、ふくらはぎもパンパンになったりしていました。

 

それこそ当時、ヨガなどで体のメンテナンスもできただろうに、

最優先事項は食と睡眠でした。汗

 

フィリピンで働いていた時は、

日本と比べて格安で受けられるマッサージに週1で通っていましたね^^;

 

400ペソ(約800円)くらいで1時間受けられるので、

パソコンを使った仕事で疲れ切っていた

首・肩こりを少しでも緩和するのに必死でした。

 

でも疲れが取れるのは一時的で、

慢性的な体の冷えや、頭痛、だるさに悩まされていました。

 

トルコにきてからも、

 

仕事量が多い日や、

コロナで外に出れない時、

日本への一時帰国を中断した時、

言葉の壁、習慣の違い、食文化の違いなど・・・

 

自分でも気づかない間に簡単にストレスが溜まっていました。

 

そんな時に、ついに始めたお家ヨガ。

 

やる気がある時は1日2回各15分くらい(朝起きてから&寝る前)、

やる気がない時は、1日の中でどこでもいいから、1回15分くらいやろう!

 

そして毎日続けよう!と決めて、なんだかんだ4月から今まで

ほぼ毎日続いています。

 

生理前に無性にイライラする時、

トルコでの生活でストレスに感じることが起こった時などは、

特にゆっくり呼吸をし、自分の内側に意識を向けるようにしています。

 

そうすることで、自分の呼吸が早まっているなあ、

体が重く感じるのは今日必要以上に食べ過ぎたからだなあ、

将来に対して心配になり過ぎているなあ、

 

と、次々に自分の内側の声に気づけるようになりました。

 

そして自分を客観的に見るだけで、

案外解決策を見出して、すぐに行動に移せるようになり

無駄な心配事はやめようと思えるようになってきたと思います。

 

難しいポーズはまだできないけれど、

ヨガのポーズを取りながら呼吸を整えたり、

自分の内側に耳を澄ませるという行為が好きで、続いている気がします。

 

そしてヨガを続けているおかげで、

心と体が軽くなっているのを感じるので、

溜め込んでいたネガティヴなエネルギーが自然に外に出ていくことで

ストレス解消に繋がっているのだと思っています。

 

②体が求めているのものを、求めているときに食べる!

これはトルコ生活が続いて、食へのストレスが溜まった時に気づいたことです。

 

今まで、お腹が空いていても、

本当に自分が食べたいものを選択していなかった気がします。

 

食べたいという欲を満たすために、

手軽に頼める、宅配のピザを食べたり、

和のテイストがいいのに、彼の食生活に合わせて洋食やトルコ料理を作ったり・・・

 

特に私が住んでいるボドルムには、

日本食レストランが1軒もないのと、アジアンマーケットもないので、

手に入るのは、高価な米・醤油・海苔くらいなんです。

 

だから日本食を食べたいがあまり、禁断症状みたいに、

ある日突然和のテイストが恋しくなる時があります。

 

その声を無視し続けて、トルコのご飯ばっかり食べていると

知らぬ間にそれだけで結構深刻なストレスになってたりするんですよね。笑

 

(トルコのご飯は美味しいんですが、出汁や味噌系が急に恋しくなります。)

 

例えば、何にも味付けをしていない炊きたての白米が食べたいのに、

無理をしてバターやオイル・塩で味付けしたピラフを食べたりすると、

体が上手く消化できていないことにも気づきます。

 

でも、最近はアジアのテイストが恋しいなあ〜と思った時には、

ボドルムにもあるCHINESE INNという中華レストランで食事をします。

 

大事なのは、禁断症状が出る前に!です。笑

 

そのお店で、Fried NoodlesやFried Riceをメインに、

野菜料理orスープを食べるだけで、活力がみなぎってきますw

 

かなり単純な原理ですが、

食べたいときに、食べたいものを食べるというシンプルなことって

案外ストレスを溜め込まない方法かなと思います。

 

お腹が空いていない時に、無理して食べたり、

コーヒー飲まなくてもいいのに、カフェでコーヒーを頼んだり、

やってしまいがちですが・・・

 

体が求めているときに求めているものを食べるという行為は

とても大事なことだなと最近になって気づきました!

 

SNSから離れて、自然に触れる

今の時代、SNSって切っても切れない身近な存在ですよね。

遠くに離れていても相手の投稿を見て、元気かな〜?って考えたり、

誰かがシェアした投稿がきっかけで新しい世界に出会えたり。

 

でも同時に、相手の状況やライフスタイルがよく見えてしまい、

心の中で相手と自分を比較してしまうこともあるのではないでしょうか?

 

私も、〇〇さんの生活素敵だな〜見習いたいな〜と思っている反面、

自分のライフスタイルと比べてしまうこともあります。

 

結局は無い物ねだりをしている自分がいて、

比べれば比べるほど、いいことなんかないし、

そう考えているだけでめちゃくちゃストレスですよね(X_X)

 

またSNSの世界では、結構シビアに数字でアナリティクスを見ることができます。

 

どれくらいの人が、自分に興味を持っていて(インプレッション)、

どれくらいの人が投稿をクリックして(インプレッションのクリック率)、

どれくらいの人が投稿の内容を確認してくれているか(エンゲージメント)、

 

が数字となって現れます。(特にYoutube!)

 

Youtubeやブログ、InstagramTwitterなど、

自分が思い切って発信した内容に対しての反応って

結構気になるんですよね・・・

 

でも、そればっかり気にしていると、

正直SNSの世界にどっぷりハマってしまい、現実の世界に集中できないと思います。

 

そして何より、頭でばっかり考えて、ストレスがたまります。

 

だからそういう時は、いつも外に出て、

ご近所さんの飼い犬、キャスパーと散歩したり、

自転車に乗って、彼と景色を楽しんだり、

 

 なるべく外の空気に触れ、自然界の音を聞くようにしています。

 

そうすることで、不安定になっていた心が

いつの間にか安定していることに最近気づきました。

 

前のブログでも書いたことがありますが、

自然界に身を置き、自分の内側が自然界と繋がることの気持ちよさに

この歳になってようやく気づいてきた気がします。

 

多分子供の頃って、そういう感覚が強かったと思うんです。

 

でも大人になるにつれて、直感ではなく、

世間体や周りからの目を気にして生きることが増えて、

そういう感覚が鈍ってきたんじゃないかなと思っています。

 

この波の音って心地いいなあ〜

動物の寝顔かわいいなあ〜

この秋の澄んだ空気最高だな〜

 

と素直に感じたことを受け止めて、ただ楽しむ。

 

そうしているうちに、自分の内側と自然が繋がり

自分はこの世界でちっぽけで、でも大切な存在だと認識できる気がします。

 

今はコロナがパンデミックになったことで、

自分ではどうしようもできないことって結構増えたと思います。

 

できないことなのに、ひたすらイライラしてストレスを溜めるより、

今ある目の前の幸せに感謝し、できることをやっていく方が

自分自身がハッピーになれることに気づきました。

 

そしてそういう気持ちの変化を素直に受け止めるためには、

SNSばっかりに気をとられるのではなく、

自然界に身を置くことが一番の近道だと気づけました。

 

まとめ

私なりのストレス解消法3つを紹介させて頂きましたが、

いかがだったでしょうか?

 

どれもシンプルなことなんですが、

このシンプルな方法で生活を整えることで

私のメンタルヘルスはかなり健康になってきたと思っています :)

 

何でも0か100かで考えるのではなく、

自分の心にゆとりを作るために少し生活を工夫して、

ゆとりを持った心で生きていきたいなあと考えています。

 

そうすることで、自分や他者に対して分断を強めることなく

うまく調和しながら生活できるのではないかなと思ったりする今日この頃です。

 

みなさんは、どんなストレス解消法がありますか?

 

どんどん複雑になっていく世界の中で、

自分のペースやバランスを見失わずに生きていきたいものですね!

 

最後まで読んでくださりありがとうございました!

 

それではまた(^^)/~~~

 

Nao

 

27歳、契約社員×リモートワークを選んだ理由

 

 

こんばんは!

トルコ・ボドルム在住のNaoです。

 

今回のブログでは、私がなぜ低収入になってまで、

契約社員×リモートワークという働き方を選んだのかについて

書いていこうと思います。

 

私がかつてそうだったように、

正社員という働き方に対して苦しく思われている方や

ノマドな暮らしを実現する方法の一つとして、誰かに届くといいなと思います。

 

ノマドワークをしながら、今年の1月にタイを1ヶ月間旅しました!

 

https://www.instagram.com/p/B7ngmSClCw2/

人生で初めてコモドドラゴンと遭遇!!

 

https://www.instagram.com/p/B7n30viFZpI/

カタノイビーチエリアはリゾートの目の前なのでまったりしてて、プーケットのビーチの中で一番オススメ!

 

https://www.instagram.com/p/B7pKnJClw9M/

1000バーツ、約3,600円で参加したプーケット発のアイランドホッピングで、マイトン島、コーラル島、ラヤ島に行きました!

 

https://www.instagram.com/p/B7-l4eSFwuV/

パタヤはナイトライフのイメージ強めですが、有名なサンクチュアリーオブトゥルースを見てきました。海を見渡せる場所にあり、壮大な木造建築でした。中はヒンドゥー教の三大神である、ブラフマー、ヴィシュヌ、シヴァがイメージとともに表現されてたり、自然と共存し、他者を助け合う世界を描いてたりと、奥深い建築であり、アートです。

 

https://www.instagram.com/p/B7-mtLrluBQ/

パタヤ中心地から徒歩15分くらいでいける、ビッグブッダ!あいにく現在お顔しか見れませんでしたが、、😅 

 

 

 

新卒から今に至るまで2度の転職経験

2年間のホテル勤務(正社員)

私は以前、日本のホテルで2年間働いていました。

 

ゲストの80%くらいは海外からお越しのお客様だったので、

大学時代で学んだ英語でのコミュニケーションを活かすことができたし、

接客業という仕事が好きだった私にとって、とてもやりがいのある仕事でした。

 

しかし、お客様の宗教や健康上の理由等で、食の選択が変わるため、

ミスが許されないテーブルサービス+期待以上のサービスというものに

毎日緊張感を感じながら働いていたのも事実です。

  

また、5つ星ホテルだったため、

芸能人や政治家、海外の有名人や富豪の方もお見えになる職場で、

事前の情報管理や、当日いかにスムーズにサービスをし、喜んでもらえるか

というプレッシャーも常にありました。

 

若手がどんどん辞めてしまい、入れ替わるような職場だったので、

社会人2年目には、自分の体力とメンタルでは一杯一杯になってしまうことも。

 

仕事が増えて、責任感が増してくる中、

ある上司との関係がうまく行かず、常にその人に怯え、強がり、

心の中で攻撃的になってしまう自分がいたので、態度にも出ていたと思います。

 

でもあの時、無理に相手の機嫌に合わせて関係を構築するエネルギーもなかったし、

かといって、自分を貫いて、その上司のことを気にしないという精神状態にも

疲れ切っていました。

 

そんなこんなで、色々あった2年間でしたが、

今でもあの時一生懸命働いた時期を思い出します。

 

大型レストランで、沢山のお客様とお会いする中で、

最後おかえりの際に、I love your big smile!と言ってハグしてくれたこと、

フロントにお手紙とお菓子を残して、お礼を言ってくださったこと、 

クレームから始まったお客様とお話をして、最後は笑顔で帰ってくださったこと、

 

数えきれないくらいの楽しかった思い出もあります。

 

ここには書けないくらい、喜怒哀楽を経験した2年間でした。

 

そしてこの2年間で学んだのは、

「120%で仕事をして、自分の体と心を壊さない」ということです。

 

自分の健康な心と体があってこそできるサービスなのに、

無理をしすぎたばっかりに、持続可能なペースで働けていませんでした。

 

もしあの時、どこかで自分をリラックスさせて、

ペースを変えられていれば、もっと長く働けたかなとは思います。

 

フィリピンの旅行代理店勤務(約1年間)
〜初めての転職(正社員)〜

その後、新卒で入社した会社を退社し、初めての海外転職に挑戦しました!

 

人生初めての転職経験は、フィリピンにある日経旅行代理店でした。

 

なぜフィリピンを選んだかというと・・・

私の初めての海外旅行&留学先がフィリピンのマニラだったからです!

 

過去のフィリピンでの経験や、

築き上げてきた友達やホストファミリーとの関係性もあったので、

初めての転職が海外転職でも、不思議と怖さはありませんでした。

 

旅行会社はオフィスワークなので、

ホテルの時のように現場での立ち仕事ではなかったし、

 

労働時間もシフト制ではあるものの、

基本的には月〜金 or 土曜半日までだったので、

カレンダー通りに働けるという憧れもあって決心しました。

 

だから、平日はオフィスでしっかり働いて、

土日には大好きなフィリピンでの生活を楽しむという、

ライフワークバランスをとろうと思っていたんです。

 

でも、なかなか思うようにはいきませんでした。

 

新しい職場でのランドオペレーターとしての仕事は大好きなのに、

フィリピンで体調を崩しやすい私・・・汗

 

食中毒やマイコプラズマ感染症、風邪、二日酔い、、、など、

気をつけていれば防げそうなものばかりなんですが、

ことごとく体調を悪化させていました。

 

また根本的に、田舎育ちの私にとって、

大気汚染や人が多いシティライフへの適応能力が低かったのも

要因の一つだと思います。

 

でも、フィリピンで働けたことで、海外で外国人として生きる大変さを学び、

同時に、新しい環境や分野でも挑戦していける自分を知ることができました。

 

また、この転職を通して出会った、上司・先輩・同僚、

マニラで頑張る同世代の友達たちからはいつも刺激を受け、

私が体調不良の時や精神的に弱っているときに、手を差し伸べてくれたことに

本当に感謝しかありません。

 

契約社員×リモートワーク〜2度目の転職〜

私は今まで、契約社員という選択肢を考えたことがありませんでした。

 

正社員の方が収入も安定しているし、保険もついているから、

一人暮らしをする私にとっては都合がいいと思っていたからです。

 

しかし、フィリピン転職がうまくいかず、わずか1年足らずで帰国。

 

そこで、改めてライフスタイル、働き方、

そして仕事と生活のバランスを考え直しました。

 

当時、体調面やメンタルが不安定で、

正社員の労働時間や労働環境に戻る勇気がでず、

必然的に契約社員で家からでも働ける

「リモートワーク」という働き方に興味を持ち始めました。

 

また、場所に縛られない仕事であれば、国際恋愛中の彼にも会いに行けるし、

大好きな旅をしながら働くこともできるのではないかと考えるように・・・

 

そんな中、去年の5月に

現在の完全在宅、海外在住OKの求人を見つけることができました。

 

求人を見つけてから、祈るような気持ちで

書類選考、オンライン面接に進み、見事採用していただけることに!

 

採用〜研修〜試用期間〜今に至るまで、全てオンラインで完結。

職場の上司や同僚の中で顔を知っている人は二人しかおらず、

ラインでのメッセージ or 電話でしか

コミュニケーションをとったことがありません。

 

でも現在の私にとって、それがとてつもなく程よい距離感です。

 

今まで職場ではどこかしら緊張感がありましたが、

在宅での仕事は、誰かに監視されている訳ではないので、

周りの目を気にすることなく、自分のペースで仕事を進められるので、

作業効率も格段に上がります。

 

今はコロナでリモートワークをされる方も増えたと思うので、

賛否両論はあるかと思いますが、私はリモートワーク大好き派です。笑

 

今まで悩んでいたような、人付き合いにおけるストレスがなくなり、

通勤するまでの準備や、通勤時間もないので、

自分の生活のための時間を増やすことができるようになりました。

 

このようなメリットがたくさんある現在の仕事ですが、

もちろんデメリットもあります。

 

契約社員には、正社員のような福利厚生はありません。

また契約延長されるかどうかの保証もありません。

 

現職は旅行・宿関連のカスタマーサポートの仕事なので、

コロナの影響でシフト削減、減給という問題もあり、

この先どうなるかどうかは正直わからないところです・・・

 

しかし・・・私に新しい働き方を提供してくださっている

今の会社にとても感謝しています。

 

今後、世界情勢も経済も大きく変わっていく中で、

柔軟な暮らしができているのは、今の働き方に出会えたからです。

 

まとめ

私は現在、リモートワークの仕事を続けながら

トルコ人の彼と、トルコで二人暮らしをしています。

 

今トルコで一緒に暮らせているのは、

両親や彼のサポートあってのことなので、とても感謝しています。

私だけの意志では、この暮らしは存在しません。

 

大学を卒業したばかりのころは、

正社員として働いてお金をためて、いつか結婚して、

家庭を持つのかなあ〜なんて考えていました。 

 

でもなんだか

そのようなイメージには自分が合っていないことも分かっていたし

一つの場所や職場に縛られて生活することに生きづらさを感じていました。

 

自分が決めたタイムラインにそって生きていくのはいいけれど

何かに属すことによって、自由を奪われたり

周りに合わせすぎて無理をするのが怖かったのかもしれません。

 

そしていつも夢見がちな私にとって、

その夢やそれにつながる目標を立ててしまうばかりに、

自分で自分を縛り付けることがよくありました。

 

例えば、留学時代に開発学を学び、

フィリピンの貧困問題と向き合いたいと思っていたばっかりに、

大人になってからも、どんな形であれ、

フィリピンに戻るという選択肢が常に頭の中にありました。

 

フィリピンという国や人、文化を本当に愛していたので

フィリピンを去ると決めた時には、かなりの挫折感を味わいました。

そして自分の無力さを痛感しました。

 

でも人生は面白いもので、どんだけ辛くても、うまくいかなくても、

変化が訪れた時には、必ず次の一歩が見えてきます。

 

そしてその時に、自分自身に対して素直で

変化に柔軟であれば、案外怖がらずに挑戦することができます。

 

私はフィリピンでの転職が失敗したことで、

もう一度自分の人生の方向性を考え直すきっかけを与えられました。

 

まずは、どう生きていきたいか。

次に、どういう働き方をしてそれが実現できるか。

そして何より、自分が幸せでいられる方法かどうかを見直しました。

 

これを掘り下げてはノートにアイディアを書き出して

色々と頭の中で想像していたのを覚えています。

 

私は何かを選択する前は、ひたすら悩みます。

でも答えが出てからの行動力には自信があります!笑

 

 

たくさん悩んで、自分自身との対話を重ねたからこそ

今の生き方・働き方が大好きだと胸を張って言える気がします。

 

将来どうなるかの不安に苛まれることもたまにあります。

私はなんでも、白黒ハッキリさせたくなってしまうのですが、

トルコに来てからよく思うのが、ニュートラルでいいんだってことです。

 

現在を生きる私が幸せであれば、

それの積み重ねの未来はもちろん幸せなはず。

 

もし何か問題が起こった時は、その時に考えればいい。

頭の中で、最悪の未来を予測して怯える必要はないと思うし、

幸せは幸せをよび、不安は不安をよぶと実感しています。

 

だから、まずは自分がリラックスして

小さな幸せを感じられる環境に身を置き、

 

暮らしを整え、マインドを常にクリアにしておくよう心がけています。

 

20代後半女性のメンタルって結構不安定だと思います。

だからこそ、感情や体調が揺らいできた時に、

自分を休ませてあげたいなあと思えるようになりました。

 

長くなってしまいましたが、

私は今の働き方を通して、とても身軽になれました。

 

今まで無駄遣いしていたお金も、もっと見極めてから使えるようになったし、

お金だけでなく、自分のエネルギーをどう使うのかを考えられるように。

 

自分の気持ちも、体力も、使いすぎてオーバーヒートになってしまい

疲労感マックスの毎日を過ごしていた私ですが、

 

契約社員×リモートワークという選択をしたことで

心に余裕ができて、暮らしを楽しむことができるようになりました。

 

考え方・生き方は人それぞれなので、

これは単なる私の体験談として参考にしていただければと思います :)

 

でも、もし今人生に疲れている人が読んでくれていたら、

周りと同じ道を進み、世間の期待に答えていきていく必要はないってことを

伝えたいです。

 

無理している自分に気づいたら休む。

休める環境に身を置く。

エネルギー不足の時に、エネルギーを奪う人と or モノがある場所で過ごさない。

自分と向き合って、自分や支えてくれている人を大切に思う。

 

そして少し元気になったら、

ちょっとずつ交友関係を広めたり、

外に出て体を動かしたり、

新しいことに挑戦していったらいいと思います。

 

自分が失敗だと思っていたことは、案外次の道へ進むためのチャンスだった!

とトルコに来てから気づいた私の体験談でした :)

 

最後まで読んでいただきありがとうございます!

 

それではまた(^^)/~~~

 

Nao

 

 

トルコで見つけた、夢のような場所「Ören」でデジタルデトックスの旅。

 

みなさん、こんばんは!

ボドルム在住のNaoです。

 

最近、ボドルム近郊にあるビーチエリアへ行ってきたので

今回のブログでは、その場所を紹介させて頂こうと思います!

 

トルコ・ボドルムは最近本格的に秋の気候になってきて

本当に過ごしやすい、最高の天気です :)

 

日本の秋も大好きですが、今年はコロナの影響で帰国できそうにないので、

トルコの秋をしっかり楽しんでいこうと思います。

 

それでは早速、私の大好きな町「Ören」という場所をご紹介します!

 

 

夢のようなロケーションにある「Ören」という町

Örenはトルコのムーラ県、ミラースというエリアにある海辺の町です。

 

Googleマップで見ると・・・

f:id:lvst729:20201004190444j:plain

トルコ全土の地図から見ると、このあたりにあります。

f:id:lvst729:20201004190544j:plain

拡大すると・・・ボドルムの近く、大体車で1時間半ほどの距離です。

ボドルムからÖrenに行くには、かなりのくねくね道を通り抜ける必要があり

道も細いので、ちょっとヒヤヒヤしながらのドライブです。

 

小さな村を通り、山を越えてから見えてくるエーゲ海

Örenに近づく頃にはきっとあなたもトルコの大自然に魅了されているはずです :)

f:id:lvst729:20201004191115j:plain

山を越えた後に見えてくるエーゲ海が綺麗すぎます・・・!


Örenに行く前にちょっと寄り道

今回はÖrenという目的地に辿り着く前に、

近くにある「Mazı」という海辺の小さな町へ寄り道をしてきました。

 

またまた険しい道を進んでいき、たどり着いた先には

少し波が高いけど風が心地いいビーチがありました。

f:id:lvst729:20201004191549j:plain

 

石は大きくて丸いゴロゴロしたもので

自然のFoot Massageをしているかのよう。

 

夏のシーズンが終わったこともあって、全然混雑しておらず、

たそがれるにはもってこいの場所です。

 

Mazıに到着してすぐにあったカフェで、ターキッシュコーヒーを注文して

1時間くらい、彼との会話や自然の音を楽しみました。

f:id:lvst729:20201004191901j:plain

1杯10リラ(約136円)。観光地プライス!
でもロケーションが海の目の前なので文句なし!

 

〜Ören1日目〜

ボドルムのお家を出たのが12時ごろだったので、

Mazıを経由してÖrenに到着した頃には15時を回っていました。

 

Örenで一泊し、夜の様子も見てみようということで

まずは宿探しからスタート。

 

Googleで一番安い宿をチェックしていたので、

直接宿に行って値段交渉から。

 

彼がうまいこと値切ってくれ、一人220リラ(約2980円)もするのに、

二人で150リラ(約2030円)、しかも朝食つきになりました。笑

 

トルコは基本値切れるみたいですねw

 

お部屋はダブルベッド1+シングルベッド1で、十分な広さでした。

トイレとシャワールームだけ異常な狭さでしたが、まあ一泊だから我慢我慢。

 

部屋が確保できたので、早速車に乗せてきた折りたたみ自転車を出して

Örenのビーチロードへ向かいます!

f:id:lvst729:20201004193005j:plain

トルコのスポーツ用品店で買ったお気に入りの自転車 :)

多分10キロくらい走りました。

左手にはエーゲ海、右手には高く連なるロッキーな山たち。

 

山の麓にはトウモロコシ畑や、タイニーハウス×キャラバン、

豪邸がたくさんありました。

 

いつかÖrenの宿に長期滞在したいなあと思ってしまうほど、

本当に夢のような場所です。

 

Örenは広くて長いビーチが続いているのですが、観光エリアを通り抜けると

地元の人がベンチに座って黄昏ていたり、お散歩したり・・・

本当にのどかな風景が広がっています。

 

景色を楽しんでいると、かなり遠くまで走ってしまったので、

折り返してまた観光の中心地へと戻り、今度は海で泳ぎます。

 

トルコのビーチでは、大体サンベッドやパラソル代を支払うのですが

夏のシーズンが終わったということもあり、サンベッドはなくパラソル代はただ。 

f:id:lvst729:20201004193810j:plain

各々テントやイスを持ってきて、ビーチでの時間を楽しんでいるようでした :)

9月末の海に入りましたが、夕方だったので海は暖かく、

とても入りやすかったです!

 

そして驚いたのが、海の透明度!!

足まで透けて見えるし、小さな魚たちがたくさん泳いでいました。

 

海に足をつけて待っていると、魚が近寄ってくるので

タダで自然のドクターフィッシュも楽しめると思います。笑

 

あと、トルコの海でクラゲを見たことがないです!

 

以前タイの海を泳いで沖まで行った時に巨大なクラゲに遭遇したり、

フィリピンの海でクラゲに刺され、高熱を出したりしたことがあったので

クラゲが大の苦手なんですが・・・

 

トルコにはクラゲがおらず、透明度が高いので、

本当に綺麗な海で泳ぐことができるのでおすすめですよ :)

 

その後宿へ戻り、夕食へ。

宿の目の前にあったロカンタ的なところで、

レンズ豆のスープとベジタリアンピザを頼みました。

 

お腹が満たされてからは、満月の夜、ビーチロードをお散歩。

自然に囲まれ、SNSからも離れ、素敵な夜を過ごせました。

f:id:lvst729:20201004193723j:plain

この日はちょうど満月で、とても綺麗な夜でした!

〜Ören2日目〜

朝はのんびり起きて、10時ぐらいに宿の朝食を軽くいただき1日がスタート。

 

この日は、まずÖrenのマリーナを散策します。

自転車に乗って、マリーナまで。

f:id:lvst729:20201004193931j:plain

風が心地いいし、海も綺麗だし、マリーナの景色も最高・・・!

マリーナに1軒だけオープンしているカフェがあったので、

そこでゆっくりとした朝を過ごすことに。

f:id:lvst729:20201004193946j:plain

アイスカプチーノを頼みました :)

自然を感じながら過ごすだけで、頭がスッキリ。

今までいかにネットの世界に意識が向いていたかということにも気づきます。

f:id:lvst729:20201004193905j:plain

家から使っていない大きな布を持ってきて、芝生でのんびりピクニック。

将来はトルコでキャンプ生活を送ってみたいので、

少しずつキャンプ用品を買い揃えたいねと彼と話しました。

 

でもそんなにお金はかける必要はなく、

自分たちであるものを使って代用できるものは代用していこうと思います🏕

f:id:lvst729:20201004193837j:plain

大好きな自転車と、心地いい秋の自然に囲まれた最高のデトックス旅でした。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

Örenの景色や様子が少しでも伝われば嬉しいです :)

 

トルコのビーチエリアのシーズンは大体5月〜10月です。

 

晴れていれば、太陽があったかくて気持ちいいので、

少し寒くなってきた秋でもビーチエリアは十分楽しめます。

 

ピークシーズンである7〜8月の観光地は観光客が増えて混雑するので

個人的にはあんまり人がいない5月や9〜10月のビーチエリアがおすすめです。

 

コロナが落ち着くまでは、国際間の旅行は難しいですが、

いつか旅が安全にできるようになったら、ぜひトルコに遊びにいらしてください!

 

今回のÖren旅もYoutubeにあげられるように、ぼちぼち編集していきます。

 

以前夏のピークシーズンにいったÖrenの様子の動画はあるので

興味のある方はぜひご覧ください :)

 


【トルコ】の観光地「Örenビーチ」へ行ってみた!ロックダウン後のビーチはこんな感じ!旅Vlog#1 / 【Travel Vlog】after LOCK DOWN in Turkey!

 

それではまた(^^)/~~~

 

Nao

 

 

トルコ人のお姉さんから教えてもらった、人生をハッピーに生きるアイディア!

 

みなさん、こんばんは!

ボドルム在住のNaoです。

 

実は先週水曜日から週末にかけて、

トルコのフェティエというところへ行ってきました!

f:id:lvst729:20200921205303j:plain

羊たちを発見!緑が多くて空気が気持ちいい!

Googleマップだと「フェトヒエ」と書かれているんですが、

実際の発音だとフェティエって感じなので、

「フェティエ」と記載させてもらいます!

f:id:lvst729:20200918150944j:plain

 

彼のお兄さん家族がフェティエに住んでいるので、

今回はイズミルに住んでいる彼のお母さんを連れて、

ボドルム→イズミル→フェティエという大移動をしました!

 

長時間のドライブの中、トルコの海岸線だけではなく、

山の中も通り抜けていきます。

 

岩がたくさんあるところ、ヤギが100匹くらい放牧されているところ

トウモロコシ畑、オリーブの木々などなど、

トルコの大自然を感じながら、それぞれの地域の違いを感じていきます。

 

ボドルムはオリーブの薄い緑、土は乾燥している感じですが、

フェティエは深緑で、土の色も濃く、

多くの作物が実りやすい場所だと思いました :)

 

今回は、そんな緑豊かなフェティエで

私の大好きな<彼のお兄さんの奥さん=お姉さん>と人生の話をしたので、

そこから学んだことを忘れないように綴っていきます。

 

*ちなみに私はトルコ語がカタコトで簡単な言葉しか話せませんが、

単語単語わかるものを聞き取ったり、ボディランゲージで理解しています。笑

 

お姉さんは英語がカタコトなので、お互いLanguage Exchangeとして

いつも勉強しながら楽しく話しています :)

 

言葉は完璧に話せなくても、心が毎回通じ合える、

とても素敵なBig sisterなんです :)

 

 

①他人の目を気にしない

お姉さんと二人きりになった、夕方。

庭に落ちているオリーブを拾ったり、熟れたぶどうを摘んだりしたあと

摘みたてのぶどうを食べながら、人生に関して話し始めたお姉さん。

 

昔から自己啓発の本を読んだり、フェティエの自然に囲まれて育ったものの、

職場の人間関係や世間の声を気にして悩んだこともあったそうです。

 

若い頃は、早くして結婚するのではなく、

学問の道に進んだことで、周りから反対の声もあったのだとか。

 

それでも自分の夢や目標に向かって突き進み、

今では会計の分野でマネージャーとして活躍されています。

 

そんなお姉さんが、今の私をみて、

 

自分の幸せを大切にして、自分の人生をいきていきなさい。

周りの目や言動を気にする必要はないよ。

 

と言ってくれました。

 

私はよく、周りから見た自分に対して意識が向くので、

この言葉はとても心に響きました。

 

たまに、日本を離れてトルコで生活している自分の将来に不安を感じ、

日本で人生設計した方がいいのかな〜なんて思うこともあるのですが、

 

お姉さんの言葉を聞いて、今の自分の心の声に耳を傾けると

私は今のライフスタイルが好きだということがわかります。

 

どんな形の人生であろうと、今の生き方が好きなのなら、

もっと自分の選択に自信を持とうと思えました。

 

②悲観的な人、嫌味な人とは縁を切る

次に教えてくれたのは、ネガティブなエネルギーを持った人とは

距離を置いたり、縁を切るということです。

 

私は今の生活で、それができているなあと思えます。

 

でも昔は、苦手な人たちにも好かれたいと思い、

八方美人に振舞ったり、無理して人間関係を構築していたと思います。

 

または、私に言葉の暴力を投げてくる上司から逃れることができず、

常に言葉の矢を受け止めては、落ち込んでエネルギーを奪われていました。

 

攻撃的な人だけではなく、悲観的な人も要注意。

 

いつも隣でネガティブなことや悪口ばかりいう人がいたら、

それは確実に疲れてしまいますよね。

 

私は今までの社会人生活で、

自分がいかに精神的、体力的に無理をして人付き合いしていたことに気づきました。

 

そして自分のことを、

社交的でコミュニケーションが大好きな人と勘違いしていました。

 

本当は一人の時間や、気のおける友達と人生の話をする方が

心地いいと感じられるのに・・・

 

もちろん刺激的な場所に行って、

新しい人と出会ったり、文化に触れることも好きだけれど、

 

静かに自然に身をおいて過ごす方が、平穏な自分を保てることに気づきました。

 

だから、今はそのバランスに気をつけています。

 

アクティブに動いて友達と会ったり、旅をしたりするのであれば、

家に帰って一息つく時間をより長く設けたり、

時間を気にせずに寝たり、ゴロゴロしたり・・・

 

仕事をリモートワークに変えて、契約社員として働く影響もあって、

自分の安心できる家や旅先で働くことができて、

今は職場でのストレスは一切なくなりました。

 

苦手な人やコトを克服するためにエネルギーを使うことも時には大切ですが、

それが許容範囲を超えるようであれば、

一度そこから離れてみるのもいいんじゃないかなって思います。

f:id:lvst729:20200921205411j:plain

ターコイズブルーの海を眺めてリラックス。

 

③パソコン、携帯は仕事の時だけ→土に触れる、自然の中に身を置く

私はフェティエに行って、大自然に触れたことで、

いかにデジタルデトックスが大事かを学びました。

 

今は、ボドルム在住でリモートワークをしているので

常にパソコンや携帯が近くにあります。

 

コロナの影響で仕事はかなり減りましたが、

Youtubeやブログを始めたこともあって、常に電子機器を触っている状態です。

 

だから常に目が疲れていて、頭が痛くなることもあります。

 

でもフェティエでは、ちょっとだけSNSをチェックするだけで、

あとはビーチに行ったり、滝にうたれたり、自転車に乗ったり・・・

 

体を動かして、自然に目を向けて、手作りのご飯を食べて

その瞬間を精一杯楽しみました。

 

そして裸足で大地を踏んで、寝っころがって・・・

 

夜にはYoutubeをみる暇もなく睡魔がやってきて

朝は鳥たちのさえずりで目が覚めました。

 

そしてその瞬間に、幸せを噛みしめることができました。

 

パソコンや携帯ばかり見ていると、

知らないうちに、自分の意識が外側に向いてしまいます。

 

そしてそれが、外側から見た自分にとらわれる要因だと思っています。

 

でも、土を触って、海で泳いで、川で涼んでいると、

自分の内側と自然が繋がって、心地いい感覚になります。

 

自分の存在は、この広大な地球環境の中でちっぽけだけど

とても大切に思えて、生きているって奇跡やな〜って感じます。

 

人生には、辛いことも、悲しいこともたくさんありますが、

自然界に身を置けば置くほど、そんな悩みがどうでもよくなる気がしました。

f:id:lvst729:20200921205747j:plain

 

④信頼できる友達は1人だけでいい

お姉さんは私に、トルコ人の友達はいるの?と聞いてくれました。

私は、知り合いはいるけど、なんでも話せる友達はいないんだと答えました。

 

そうすると、友達はたくさんは必要ないよ。

信頼できる友達を一人だけ持つといいよ。と教えてくれました。

 

今の私にとって、トルコ人の彼は私の友達のような存在でもあるから、

彼がいるから大丈夫だけど、いつかトルコで友達が欲しいなあと思いました。

 

一緒にショッピングしたり、カフェでコーヒーでも飲みながら

いろんな話ができる人がいたらいいなと想像を膨らませつつ、

家が大好きなので、彼やお姉さんがいるからいいか〜って思います。笑

 

⑤常にポジティブマインドで生きる→ハッピーなことを引き寄せる

最後に、常にポジティブに、ハッピーに生きるということを教えてくれました。

 

私はトルコにきてから、

自分がいかにネガティブで、人目を気にしているかに気がつきました。

 

トルコ人の彼が「Bir şey olmaz (大丈夫、問題ないさ)」って言う度に

「いやいや、もっと先を予測して、準備しとこうや」

って思っていたんですけど、

 

そういう、几帳面に計画したり、

未来に起こりうる最悪のケースを想像したりして

不安になったりする時間って勿体無いなあと思うように・・・。

 

特にトルコでは、時間通り、計画通りに物事があまり進みません。

直前で予定が決まり、直前で予定がキャンセルになることも多々あります。

 

その都度、自分が想定していたプランが覆され、立て直しが必要になります。

 

そしていかに自分が「完璧を期待していたか」

ということを思い知らされるのです。

 

でも、ある時、その考え方自体が

心の重荷になっていることに気づきました。

 

相手や自分の行動に完璧を求めることは、

自分をしばりつけることに繋がります。

 

物事がスムーズに行かなくても、

なぜできなかったのかに目を向けるのではなくて、

どうすればうまくいきそうかを考える方が、

ハッピーだなと思うようになりました。

 

今までは、怒りの矛先を自分や誰かに向けて、

その場を逃れようとしていました。

 

でも、イライラするんじゃなくて、

「まぁいっか!Bir şey olmaz」って状況を受け止めて、

じゃあどうしていこうかな?って考えていきたいものです。

 

お姉さんは、そうしてポジティブ&ハッピーマインドを持つことで、

さらに幸せを引き寄せることができると教えてくれました。

 

まとめ

今回フェティエで過ごした時間は、とても特別でした。

 

フェティエの夏を思う存分楽しみ、

彼のお兄さん家族と一緒に時間を過ごしているうちに

またトルコが好きになりました。

 

もちろんトルコで生活をする中で、ストレスやうまくいかないこともあります。

 

でも、トルコで生活をすることで、

日本で植え付けてしまった、〇〇すべき、〇〇しなければならない

といった考え方を解放するチャンスを何度も与えられているように思います。

 

そして、自分の人生に目を向けて、

どうすればハッピーに生きられるのかを考えられるようになりました。

 

考え方の癖って、そう簡単には変えられないけど、

あらゆる出来事が起こる度に、自分を試せるチャンスはあります。

 

まだまだ揺らぎがちな精神状態の時もありますが、

ネガティブ思考になる時間は本当に勿体無いなと思うので、

少しずつ変えていけたらなと思います!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

それではまた(^^)/~~~

 

Nao

 

***追記(2020/10/23)***


フェティエの旅VLOGがやっと完成し、Youtubeにあがっています!

とても素敵な場所なのでぜひ動画でもご覧ください :)

 


【トルコ旅VLOG】トルコ在住日本人の週末弾丸旅行【フェティエのサクルケント渓谷探検】/ Exploring "Saklıkent National Park" in Fethiye, Turkey!

 


【トルコ旅VLOG】国際カップルの週末弾丸旅行 〜トルコの大自然に触れる旅〜 【ギズリケントの滝観光】River Trekking in Gizlikent Waterfall, Fethiye!

 


【トルコ旅VLOG】トルコ在住日本人の週末の過ごし方【フェティエのビーチ観光&サイクリング】Traveling to Ölüdeniz, Fethiye center and Çalış Beach!

 

 

生理痛は不調のサイン!?ロキソニンを飲んで解決していた私が出会った衝撃的な1冊

 

みなさん、こんにちは!

ボドルム在住のNaoです。

 

今回は、ある素敵な本に巡り会い、

私の酒さ問題にも通づる体の不調(生理痛)について

インプットする機会があったので、このブログでまとめておこうと思います。

 

前回の酒さに関するブログはこちらからどうぞ!

 

nomad-life-in-turkey.hateblo.jp

 

 

 

本の紹介

今回、自分の生理に関する不調を分析するきっかけとなったのは、

「血流がすべて整う暮らし方」という本との出会いです。(著者:堀江昭佳さん)

 

f:id:lvst729:20200911201332j:plain

 



著者の堀江さんは、出雲の方で漢方の薬剤師をされているそうで、

数多くの方の生活習慣を分析され、不調と向き合われてきたとのことです。

 

この本以外にも、あと2冊血流が整う暮らし・食べ方に関する本を出されています。

 

私は現在トルコに住んでいるので、

電子書籍あるかな・・・?と恐るおそるAmazonを開いてみると、

どれも電子書籍版を出されていました!

 

ちょうどInstagram

この「血流がすべて整う暮らし方」をオススメされている方を拝見し、

内容がすごく気になったので、Kindle版を購入し読んでいます。

 

内容としては、

1日の流れ、1ヶ月の流れ、1年の流れという区切りのなかで

どういう風に不調に気づき、生活を整えていくかということが書かれています。

 

また、西洋学からの視点、漢方からの視点という風に不調を説明されているので、

その比較を通しての学びもあり、本当に勉強になります。

 

今回は、1ヶ月の流れ「生理」についてすごく衝撃を受けたので、

アウトプットできればと思います。

 

生理痛は不調のサイン!?

みなさんは、どれくらい生理に関しての不調が思い当たりますでしょうか?

 

私は、今まで生きてきた中で、常に生理痛に悩まされてきました。

 

学生時代は、動けなくなるほど痛いという感覚はなかったですが、

経血量が多い、1〜3日目はロキソニンを飲んで、

痛くなりそうな前、授業やバイトの前に対処していたので、

そこまで痛くて我慢できない!という感覚にならなかったのだと思います。

 

社会人になってからは、不規則な労働環境のホテルで働いていたため、

長時間の接客中に、痛み止めを飲み忘れ、

仕事が終わる頃にはフラフラになっていたのを思い出します。

 

一度、痛み止めを飲み忘れたせいで、疲れと一緒に倒れそうになったので、

女性の先輩に相談したところ、こっそりと男性の上司に説明してくれていて

早上がりさせていただいたこともありました。

 

それくらい、大人になればなるほど、働けば働くほど、

生理痛が悪化していて、薬を頼らざるを得ない状況になっていました。

 

そして、その「生理痛」が不調のサインということに

今の今まで気づいていませんでした・・・汗

 

ようやく、この本に出会ったことで、

生理痛はないのが普通という、当たり前を教わったのです。

 

また、痛み以外にも、

ジェル状の血の塊、ドロドロ、月経過多、経血の色が黒っぽい

などの症状がないのが理想的な生理だそうです。

 

なぜ、生理痛が起こるのか?

様々な要因があるとされていますが、

1番の要因は、子宮の冷えだそうです。

 

子宮が冷えていると、子宮内膜が剥がれ落ちる時(=経血時)に、

酵素でうまく分解されず、内膜が無理やり剥がれ落ちていくため

それによって強い痛みを感じるのだそう・・・

 

血の塊が出るということは、子宮が冷えていて、

無理やり内膜から剥がされた結果ということみたいです。

 

そしてカサブタを無理やり剥がすかのように痛みを伴った内膜には傷ができ、

出血するため経血量が増えてしまい、月経過多になるのだとか!

 

うまく酵素が働き、分解された状態での経血となるためには、

外側から測った体温が36度以上であることが重要とのこと。

 

外側からの体温が36度以上あれば、子宮内は37度程度に保たれており、

酵素がうまく働き、強い痛みを伴わないのだそうです。

 

私は今まで、この生理痛について

深く考えたり調べたりしたことがありませんでした。

 

そして生理痛は、生理の時に必ずあるのが常識でした。

でも、この本と出会い、そんな常識が覆されました。

 

痛み止めは冷えを悪化させる原因!?

子宮の冷えが生理痛の原因とわかりましたが、本を読み進めていくうちに、

私がやってきた「ロキソニン(痛み止め)を飲む」という行為が

この生理の時の不調を慢性化させていたことに気づきます・・・涙

 

痛み止めというのは、解熱鎮痛剤のことですよね?

よく、高熱が出た時にもとんぷくとしてロキソニンを飲んだことがあります。

 

そういう薬の作用を考えてみると、

ロキソニンなどの痛み止めは、体温を下げるという役割があります。

 

あれ・・・?

さっき子宮の冷えが生理痛の主な原因だったよな・・・?汗

 

はい、ここで私がやってきた不調(生理痛)の対処法は

間違っていたということに気づきます。

 

今まで、冷えていた子宮の痛みを一時的に抑えるために、

痛み止めを飲んで、さらに子宮を冷やしていたんです。

 

その時には30分ほどで薬がきいて、

6時間くらいは薬の効果で痛みが治っていましたが、

それは根本的な解決には繋がらないと確信しました。

 

でも、著者の先生は、

痛い時には無理に我慢する必要はないとおっしゃっています。

ただ、鎮痛剤を使わなくてもいい状態にするのが大切とのことです。

 

生理痛があるのが普通なのではなく、

生理痛は「冷えと血流悪化が起こっている」子宮からのSOS

だということを学びました!

 

このSOSを無視して、仕事を頑張っていた時期もありましたが、

休むことってやっぱり大切なんだなあ〜と再確認。。。

 

生理痛の対処法

では、どうやってその痛みという不調のサインと向き合えばいいのでしょうか?

 

先生がおっしゃるもっとも簡単な方法は、温めること!だそうです。

 

カイロを使ったりして、おへその下の「丹田」という部分と、

背中の「仙骨」にサンドイッチカイロが効果的だそう。

 

あとは、「高分子吸収材」が使われていないナプキンに変える 

or 布ナプキンに変えることをオススメされています。

 

この「高分子吸収材」は保冷剤や、

熱さまシートに使われているのと同じ素材なんだそうです。汗

 

だからダイレクトに子宮を冷やしている原因と考えられているようです。

 

私の生理痛体験談&トルコでの対処法

私は今年に入ってから酒さの薬が嫌になって、全部薬を飲むのをやめました。

酒さの薬だけでなく、生理痛の時に頼っていたロキソニンもです。

 

仕事もリモートワークに変えてからは、

お手洗いは家にいるから人目を気にせずいけるし、

緊急の仕事がなければ、ソファで横になることもできるので、

薬をやめてみようと決意できました。

 

でもここからが勝負の時間でした。

なぜなら今まで向き合ってこなかった、本当の痛みを知ることになったからです。

 

最初の1〜2ヶ月は、本当にもがきたいくらい痛くて、

悪寒がするほど、全身が冷たく、体の中から冷え切っているのを感じました。

 

だから、彼に湯たんぽを作ってもらって、

お腹の上に置いたまま、痛みに耐える生理前半。

 

あとは、あったかいハーブティーを作ってもらって、

体の中から温めるように意識していました。

 

最初は自分で湯たんぽやハーブティーを作ることさえ困難な日が多く、

痛みが2〜3時間続いて、よくなったかと思えば、また痛い。。。のが当たり前。

 

薬は飲みたくないけど、何かにすがりたい思いだった私は、

彼に民間療法で何かないか相談したところ、

 

彼がトルコにあるハーブやスパイスを取り扱っているお店で、

「タイムウォーター」を買ってきてくれました。

 

それを、テキーラをショットするみたいに、

少量をカッと口に入れて飲み込みます。

 

これがめちゃくちゃ辛くて、苦くて、まずいんですが・・・

鎮静・抗菌効果があるようで、飲んで少しすると、

なんか痛みに効いたような感覚がありました!びっくり!

 

そんな風にして、なんとか本当の痛みと向き合っているうちに、

血の塊やドロドロした感じ、経血量の多さが改善されてきました。

 

今でも痛みを伴いますが、薬を飲まなくても、

腹巻をして、ベッドで横になっていれば1時間くらいで治るように。

 

生理は女性の特権!デトックス期!

生理痛がひどいと、女性って大変やな〜めんどくさいな〜って思っていましたが、

先生の本を読んで、これは女性で生まれた特権なんや!と気づかされました。

 

なぜなら、生理は月に1回のデトックス期だからです。

 

でもそのデトックスの間に経血が外に出ていってしまうので、

全身の血流不足になるそうです。

 

だからだるさ、疲れを伴います。

 

そしてその不調を悪化させないためには、

十分な休養が必要だということ!!

 

生理のデトックス機能をうまく生かすためにも、

生理中はしっかりとした睡眠をとって、

リラックスして生活することが大事なんだそうです。

 

今まで生理中でも仕事を頑張るために鎮痛剤を飲んでいましたが、

それは体からのSOSを無視した行いだったことに気づき、反省しています。

 

だから今は、

そんな体の不調と向き合うためにも、

リモートワークという自由度の高い働き方を選び、

頑張りすぎない生き方を意識して生活しています。

 

まとめ

多くの女性が悩んでいるであろう生理痛や婦人科系の病気・・・

 

私はこの「血流がすべて整う暮らし方」という本を読んで、

不調に気づき、SOSが出ていたら、暮らしを見直し、

整えることの大切さを学びました。

 

そしてそのSOSに気づくためには、

普段から自分自身を観察し、心の声、体の声に耳を傾ける必要があります。

 

目の前の忙しさや、ストレスに感情を持っていかれていると、

案外こういった不調に気づかなかったり、

気づいていても対処をしなかったりすると思います。

 

でも、無理をしない、頑張りすぎない時間って

とても大切だなと実感しました!

 

また、血流は、栄養やホルモンを運ぶだけでなく、

「気=エネルギー」を運ぶんだそうです。

 

生理によって、体から古い気や血が出ていくことによって

毎月女性の体はデトックスされていきます。

 

そして、毎月、不要なものを捨て、気持ちも前向きになれるチャンスがあります。

そう考えると、生理って悪くないかもしれないですね!

 

これで痛みを減らし、なくせるようになると、

人生全体が前向きに進んでいきそうです。

 

とても勉強になる本と出会ったので、

今回かいつまんでシェアさせていただきました。

 

生理だけでなく、いろんな不調と向き合って、

生活を整えていくことって案外難しいけど、

その積み重ねで人生を変えていけるのかもしれません。

 

私も酒さ、生理痛、PMS、、、向き合って

生活改善していきたいと思います!

 

それではまた〜(^^)/~~~

 

Nao

 

 

身体からのSOSが酒さになって現れた!?〜毒出し中の私の身体について〜

 

みなさん、こんばんは!

ボドルム在住のNaoです。

 

今回は、私が酒さという皮膚病になったことで

「皮膚病は身体の毒出しかも?」という自己分析をしてみたので、

そこから見えてきた、心と身体のヘルスケアについて考えていこうと思います。

 

もし皮膚病や同じ酒さという病気、

肌荒れに悩んでいる方がいらっしゃったら、

一緒に闘っていきたいなあと思うので、色々ご意見いただけると嬉しいです!

 

または、すでに克服され、健康的な肌に戻った!という方がいらしたら

ぜひアドバイスいただけると大変励みになります。

 

コメントは、はてなブログのIDがないと書けないみたいですが、

お気軽にTwitterInstagramなどでDMしていただけると有り難いです :)

 

 

酒さについて

20代後半になって、または社会人になってから

慢性的な肌の不調や大人ニキビに悩む女性も多いのではないでしょうか?

 

少なくとも、私が酒さと診断された東京のクリニックでは、

私のように肌にまつわる悩みを持っている同年代の女性が多くいました。

 

※男性も結構いて、ほとんどが10代後半から20代後半といった感じでした。

 

酒さという言葉を初めて聞く方もいらっしゃると思うので、

まず始めに酒さという皮膚病について説明したいと思います。

 

酒さは、持続性の皮膚の病気で、通常は顔面の中央部に発赤と小さな吹き出物が現れ、皮膚の下の血管がはっきりと見えるようになります。

 

⬆️こちらはMSD家庭版マニュアルより、引用させてもらいました。

 

酒さという皮膚病は、進行が進んでいくと赤くなった顔の上に

だんだんと吹出物が出てくるので、

間違って大人ニキビと診断されることもあるそう。

 

私は、マニラに転職し半年たった頃から、

顔全体に吹出物ができ始めました。

 

よく考えると、この頃から、頰・鼻周りを中心に赤くなったり、

スキンケアをするときにヒリヒリした感覚があったので、

今から2年前には酒さの初期症状が出ていたんだと思います。

 

酒さの原因

なんと、原因は不明だとか・・・涙

 

私が去年10月に診察を受けた先生にも、

はっきりと原因は不明と言われました。

 

原因がわからないから、自分で探っていくしかなく

最初は診断名があってホッとはしたけど、何かと不安でした。

 

しかし、アルコールや特定の食品、熱い飲み物、

日光、極端な気温、化粧品、精神的ストレスを避けることで、

酒さの悪化を予防できる場合があるそうです。

 

この酒さという病気は、

肌の色が白いアイルランド系および、北欧系の人に多いそうですが、

日本人でも、最近は私のような20代後半の女性にも見られるそうです。

 

なぜ私は酒さになったのか?

ここからは、私の自己分析に入ります。

 

私は25歳の(マニラで会社員をしていた)頃まで、特に肌トラブルはなく、

極度のストレスや疲れがない限りは、ニキビが大量発生することはなかったです。

 

小さい頃は日焼けで真っ黒になりやすい方でしたが、

大人になってからは割と色は白い方だったと思います。

 

なので、日に焼けるのがあまり好きではなく、

日傘や日焼け止めを塗って、焼けないように予防はしていました。

 

要因①紫外線×暑さ

だからおそらく、思い当たることといえば、

日本→マニラへ移住・転職をし、紫外線量が変わったということ。

 

マニラの紫外線は強く、年中夏なので、

身体の中のバランスが崩れ始めたきっかけかもしれません。

 

留学時代もマニラに住んでいましたが、

その当時はまだ20歳だったので、免疫力も高く、

簡単に皮膚にトラブルが起こるようなことはなかったのでしょう。

 

要因②暴飲暴食(お酒×コーヒー×炭水化物)

社会人になって、職場の同僚や先輩方とお酒を飲む機会が増えました。

 

特に就職をしてから新しい人間関係を構築する中で、

緊張を紛らわし、その場のテンションについていくためにも

結構な量を飲んでは二日酔いになっていました。汗

 

また仕事前や休憩中は、コーヒーを飲んで頭をシャキッとさせることが多く、

1日2〜3杯、毎日のように摂取していました。

 

しかも自分で豆から挽いてって訳ではなく、

カフェオレのようにコンビニで買った砂糖がたくさん入っていたものを

たくさん飲んでいたと思います。

 

あとは、食べ物も添加物の多いコンビニ食や、

油っこい+炭水化物多めの食事内容でした。

 

要因③精神的ストレス×身体の不調

社会人になって仕事を始めてからは、

常に仕事や人間関係におけるストレスを抱えていました。

 

学生の時のように、自分でスケジュールを組むことも出来ず

与えてもらったお休みのなかで疲れをとって、

気持ちをリセットしてまた仕事・・・の毎日。

 

しかし、精神的ストレスがたまればたまるほど、

休日で回復することが難しくなってきてしまい、

 

次第に身体への不調へと繋っていきました。

 

耳下のリンパが腫れてしまいコブになったり、熱が出たり、

頭痛、生理痛やPMSの症状の悪化など・・・

 

社会人になってから、学生の時には感じなかった不調に気づき始めます。

 

要因④間違ったスキンケア

私は顔全体に、ポツポツと吹き出物が出来始めた時に、

ファンデーションを塗って隠していました。

 

そして夜はそれを落とすために、

洗浄力の強いオイルクレンジングを使っていました。

 

ホテルで働いていた時も、旅行会社で働いていた時も、

メイクは身だしなみということで、毎日していたこともあって

普段から肌を酷使し、休憩する時間を与えていなかったことを反省しています。

 

また、肌の調子が悪いなあと思っても、

アクネ菌を殺すようなニキビ肌専用のスキンケアに切り替えたりと、

さらに強い刺激を与えてしまう選択をしてしまいました。

 

要因⑤急な環境の変化

日本のホテルからマニラの旅行会社に転職し、

わずか1年足らずで退職したあと、日本に帰国したものの

すぐトルコへ行った私。

 

そしてトルコを2ヶ月旅する中で、全身麻痺にあい、

症状が落ち着いてから日本へ帰国。

その3ヶ月後にはまたトルコへ。

3ヶ月トルコに滞在したあと、日本で短期住み込みバイトをするために帰国。

3ヶ月日本に滞在し、そのあと、彼とタイに集合し1ヶ月の旅へ。

それからは今に至るまでトルコにいます。

 

なんと落ち着きのない私の生活。笑

 

でもそんな自由なノマドな生き方をしたいと願って実行しているので、

それに関してストレスはありませんが・・・

 

私の身体は、酒さという病気を通してSOSを発していたんだと思います。

 

酒さになったのは、毒出しをする必要があるから?

今まで皮膚トラブルもなく生きてきた私ですが、

25歳から27歳の今に至るまで、約2年間健康的な肌から遠ざかっています。

 

ネットで情報を調べては、いろんなスキンケアを試したり、

皮膚科に通っては、塗り薬・飲み薬を出してもらったりと、

たくさんいいと言われることを試しました。

 

でも、そんな過程で気づいたことは、

身体の毒出しをする必要があるから、

最終出口である肌にトラブルが現れたんじゃないか?ということです。

 

何か答えを求めて試せば試すほど、

薬や化粧品、スキンケア商品にばかりお金が消え、

肌は悪化していくばかり・・・

 

そして1日2回服用しなければならない薬をのみ、

 

寝る前のスキンケアの後には、

ヒリヒリ肌を剥がされるような痛みと痒みを伴う塗り薬を塗っては、

寝れない日々を過ごしていました。(ぺピオゲルという塗り薬です。)

 

東京のクリニックに行って出された自己負担の薬たちは、

のちに看護師の母にぼったくりやな!と言われるほどの値段でした。

 

遠方から通っていたため、2ヶ月分出してもらい約2万〜3万円。

実際には保険適用で2〜3000円で買えたようです。涙

 

私流、酒さとの向き合いかた

そんなこんなで、この酒さと向き合う中で、

たくさん試して、たくさん失敗してきました。

 

自分の肌のためにやっていると信じてきたものが、

案外自分を苦しめていたように思います。

 

そう気づいてからは、肌断食や、毒出し断食の本を読むようになりました。

 

またアーユルヴェーダではピッタ体質である私なので、

ピッタ体質の人が避けるべき食事を意識するように。

(香辛料・辛すぎるもの・酸っぱすぎるもの・熱すぎるものなど)

 

そして、薬には副作用があるということを体感し、

今は一切薬を飲まず・塗らずです。

 

またスキンケアに関しては、

外出時の日焼け止め、夜のミルククレンジング1回、朝の水洗顔1回と

かなりシンプルにしています。

 

洗顔を石鹸でしていた時もありましたが、

私の肌には刺激が強く、乾燥もひどくなったので、

今はトルコで唯一知っているブランドのAveneミルククレンジングを試し中。

(フランスのブランドなので日本で買うより若干安く買えます。)

 

石鹸よりは確実に刺激が少ないですが、

次はもう少し刺激が少なそうなブランドを試そうと思います。

 

あとは、酒さが悪化して炎症が進んでいるなあ〜と感じるのは、

・運動不足の時

・食べ過ぎた時

・外食や小麦製品を食べ過ぎた時

・加工されたお菓子を食べた時

・強くストレスを感じた時

 

と気づきました。

自分の生活を客観的に見てみることって大切ですね!

 

特に今はコロナの問題もあり、家にいることが多いので、

コントロールしないと、運動不足、食べ過ぎになりやすいです。

 

だから今は、1日1回10〜15分だけでもお家ヨガをしています。

 

あとは、朝はスムージーかフルーツだけ食べて、

食事は昼と夜だけとるように変えました。

 

野菜・穀物・豆類をバランスよく取り入れられるように

日々意識して調理しています。

 

また、トルコは小麦を使った食事が多いので、

パンやパスタを1日2食食べないように、どこかで米を食べるようにしています。

 

まとめ

私の酒さの症状はまだまだ、炎症段階だと思っています。

今は夏で暑いので、顔や体がほてりやすく、膿を持った吹き出物が度々出ることも。

 

でも赤みがひいて、あれ、調子いいんじゃない?という日もあって

何がよかったんだろう?と振り返る癖がつきました。

 

酒さは目に見える皮膚病なので、

周りからの目線が気になり、自信を失くすことがありますが、

長い付き合いだと覚悟して、私の自然治癒力を信じているところです。

 

どこかで狂ってしまったバランスを取り戻すことは簡単ではありませんが、

毒出ししやすい精神状態に整えて、体に入れるものに気を使い、

少しずつ快方へ向かうと自分を信じているところです。

 

今までの人生における失敗たちは、

人生をより豊かにするための気づきだと思っています。

 

転職も、人間関係での失敗も、旅の間にかかった病気も、

全部その時の自分が一生懸命生きた証だと思えば、全然後悔はしていません。

 

そしていっぱい失敗したからこそ、

今の彼との出会いがあり、トルコへやってこれたんだと思います。

 

今の生活は、刺激というよりも、リラックス感が強いです。

でも、それが今、自分が求めている空間ということにも気づきます。

 

Youtubeやブログを始めて、さらに自分と向き合うことも増えました。

 

今まで大事にしてあげられなかった分、

これからは自分のSOSにきちんと向き合えるようになりたいです。

 

みなさんは、きっと自分なりの対処法がおありだと思います。

 

私みたいにならないように、初期段階で症状に気づいたり、

ちょっと目の前の忙しさから離れて、ゆっくり過ごしたりしてみてください :)

 

もし今同じような病気で悩まれている方がいたら、

一緒に少しずつ向き合って治していきましょう!

 

私はYoutuberのさな吉さんという方の動画をみて、

病気に対する心の持ち方、自分への接し方というのを学んでいます。

 

また、トルコ生活で酒さがどうなるかも、時間をおいて報告します!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

それではまた(^^)/~~~

 

Nao