NOMAD LIFE IN TURKEY

【トルコ在住】27歳リモートワーカーの暮らしblog

トルコで見つけた、夢のような場所「Ören」でデジタルデトックスの旅。

 

みなさん、こんばんは!

ボドルム在住のNaoです。

 

最近、ボドルム近郊にあるビーチエリアへ行ってきたので

今回のブログでは、その場所を紹介させて頂こうと思います!

 

トルコ・ボドルムは最近本格的に秋の気候になってきて

本当に過ごしやすい、最高の天気です :)

 

日本の秋も大好きですが、今年はコロナの影響で帰国できそうにないので、

トルコの秋をしっかり楽しんでいこうと思います。

 

それでは早速、私の大好きな町「Ören」という場所をご紹介します!

 

 

夢のようなロケーションにある「Ören」という町

Örenはトルコのムーラ県、ミラースというエリアにある海辺の町です。

 

Googleマップで見ると・・・

f:id:lvst729:20201004190444j:plain

トルコ全土の地図から見ると、このあたりにあります。

f:id:lvst729:20201004190544j:plain

拡大すると・・・ボドルムの近く、大体車で1時間半ほどの距離です。

ボドルムからÖrenに行くには、かなりのくねくね道を通り抜ける必要があり

道も細いので、ちょっとヒヤヒヤしながらのドライブです。

 

小さな村を通り、山を越えてから見えてくるエーゲ海

Örenに近づく頃にはきっとあなたもトルコの大自然に魅了されているはずです :)

f:id:lvst729:20201004191115j:plain

山を越えた後に見えてくるエーゲ海が綺麗すぎます・・・!


Örenに行く前にちょっと寄り道

今回はÖrenという目的地に辿り着く前に、

近くにある「Mazı」という海辺の小さな町へ寄り道をしてきました。

 

またまた険しい道を進んでいき、たどり着いた先には

少し波が高いけど風が心地いいビーチがありました。

f:id:lvst729:20201004191549j:plain

 

石は大きくて丸いゴロゴロしたもので

自然のFoot Massageをしているかのよう。

 

夏のシーズンが終わったこともあって、全然混雑しておらず、

たそがれるにはもってこいの場所です。

 

Mazıに到着してすぐにあったカフェで、ターキッシュコーヒーを注文して

1時間くらい、彼との会話や自然の音を楽しみました。

f:id:lvst729:20201004191901j:plain

1杯10リラ(約136円)。観光地プライス!
でもロケーションが海の目の前なので文句なし!

 

〜Ören1日目〜

ボドルムのお家を出たのが12時ごろだったので、

Mazıを経由してÖrenに到着した頃には15時を回っていました。

 

Örenで一泊し、夜の様子も見てみようということで

まずは宿探しからスタート。

 

Googleで一番安い宿をチェックしていたので、

直接宿に行って値段交渉から。

 

彼がうまいこと値切ってくれ、一人220リラ(約2980円)もするのに、

二人で150リラ(約2030円)、しかも朝食つきになりました。笑

 

トルコは基本値切れるみたいですねw

 

お部屋はダブルベッド1+シングルベッド1で、十分な広さでした。

トイレとシャワールームだけ異常な狭さでしたが、まあ一泊だから我慢我慢。

 

部屋が確保できたので、早速車に乗せてきた折りたたみ自転車を出して

Örenのビーチロードへ向かいます!

f:id:lvst729:20201004193005j:plain

トルコのスポーツ用品店で買ったお気に入りの自転車 :)

多分10キロくらい走りました。

左手にはエーゲ海、右手には高く連なるロッキーな山たち。

 

山の麓にはトウモロコシ畑や、タイニーハウス×キャラバン、

豪邸がたくさんありました。

 

いつかÖrenの宿に長期滞在したいなあと思ってしまうほど、

本当に夢のような場所です。

 

Örenは広くて長いビーチが続いているのですが、観光エリアを通り抜けると

地元の人がベンチに座って黄昏ていたり、お散歩したり・・・

本当にのどかな風景が広がっています。

 

景色を楽しんでいると、かなり遠くまで走ってしまったので、

折り返してまた観光の中心地へと戻り、今度は海で泳ぎます。

 

トルコのビーチでは、大体サンベッドやパラソル代を支払うのですが

夏のシーズンが終わったということもあり、サンベッドはなくパラソル代はただ。 

f:id:lvst729:20201004193810j:plain

各々テントやイスを持ってきて、ビーチでの時間を楽しんでいるようでした :)

9月末の海に入りましたが、夕方だったので海は暖かく、

とても入りやすかったです!

 

そして驚いたのが、海の透明度!!

足まで透けて見えるし、小さな魚たちがたくさん泳いでいました。

 

海に足をつけて待っていると、魚が近寄ってくるので

タダで自然のドクターフィッシュも楽しめると思います。笑

 

あと、トルコの海でクラゲを見たことがないです!

 

以前タイの海を泳いで沖まで行った時に巨大なクラゲに遭遇したり、

フィリピンの海でクラゲに刺され、高熱を出したりしたことがあったので

クラゲが大の苦手なんですが・・・

 

トルコにはクラゲがおらず、透明度が高いので、

本当に綺麗な海で泳ぐことができるのでおすすめですよ :)

 

その後宿へ戻り、夕食へ。

宿の目の前にあったロカンタ的なところで、

レンズ豆のスープとベジタリアンピザを頼みました。

 

お腹が満たされてからは、満月の夜、ビーチロードをお散歩。

自然に囲まれ、SNSからも離れ、素敵な夜を過ごせました。

f:id:lvst729:20201004193723j:plain

この日はちょうど満月で、とても綺麗な夜でした!

〜Ören2日目〜

朝はのんびり起きて、10時ぐらいに宿の朝食を軽くいただき1日がスタート。

 

この日は、まずÖrenのマリーナを散策します。

自転車に乗って、マリーナまで。

f:id:lvst729:20201004193931j:plain

風が心地いいし、海も綺麗だし、マリーナの景色も最高・・・!

マリーナに1軒だけオープンしているカフェがあったので、

そこでゆっくりとした朝を過ごすことに。

f:id:lvst729:20201004193946j:plain

アイスカプチーノを頼みました :)

自然を感じながら過ごすだけで、頭がスッキリ。

今までいかにネットの世界に意識が向いていたかということにも気づきます。

f:id:lvst729:20201004193905j:plain

家から使っていない大きな布を持ってきて、芝生でのんびりピクニック。

将来はトルコでキャンプ生活を送ってみたいので、

少しずつキャンプ用品を買い揃えたいねと彼と話しました。

 

でもそんなにお金はかける必要はなく、

自分たちであるものを使って代用できるものは代用していこうと思います🏕

f:id:lvst729:20201004193837j:plain

大好きな自転車と、心地いい秋の自然に囲まれた最高のデトックス旅でした。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

Örenの景色や様子が少しでも伝われば嬉しいです :)

 

トルコのビーチエリアのシーズンは大体5月〜10月です。

 

晴れていれば、太陽があったかくて気持ちいいので、

少し寒くなってきた秋でもビーチエリアは十分楽しめます。

 

ピークシーズンである7〜8月の観光地は観光客が増えて混雑するので

個人的にはあんまり人がいない5月や9〜10月のビーチエリアがおすすめです。

 

コロナが落ち着くまでは、国際間の旅行は難しいですが、

いつか旅が安全にできるようになったら、ぜひトルコに遊びにいらしてください!

 

今回のÖren旅もYoutubeにあげられるように、ぼちぼち編集していきます。

 

以前夏のピークシーズンにいったÖrenの様子の動画はあるので

興味のある方はぜひご覧ください :)

 


【トルコ】の観光地「Örenビーチ」へ行ってみた!ロックダウン後のビーチはこんな感じ!旅Vlog#1 / 【Travel Vlog】after LOCK DOWN in Turkey!

 

それではまた(^^)/~~~

 

Nao