NOMAD LIFE IN TURKEY

【トルコ在住】27歳リモートワーカーの暮らしblog

久しぶりのトルコ国内旅行!

 

みなさん、こんにちは!

トルコ・ボドルム在住のNaoです。

 

実は今、ボドルムを離れて、

トルコの南、地中海リゾート地としても有名なアンタルヤに来ています✨

 

毎年、アンタルヤで彼の仕事の商談があり、

今年の夏の観光シーズンに向けて買い付けが行われるので、

 

こんなコロナ禍ではありますが、

気をつけながらアンタルヤのホテルに滞在中。

f:id:lvst729:20210320170819j:plain

リゾートホテルが集まるBelekというエリア。
ホテルの前にはビーチがある最高のロケーション!

 

 

ボドルムから始める長距離移動

私が住んでいるボドルムからアンタルヤへ行こうとすると

結構な長旅となり、8時間ぐらいの車移動になるので、

 

今回は、フェティエにある彼のお兄さん家族へ会いに、

まずはボドルム→フェティエへ。

 

(過去に書いた、彼のお兄さんの奥さんからの学び↓)

nomad-life-in-turkey.hateblo.jp

 

今週はボドルムを始め、

フェティエやアンタルヤでも曇りや雨が多い天気でした。

 

もし晴れていたら、もう少し時間をとって

フェティエでのんびりしたかったのですが、

 

雨だと遺跡巡りやビーチへ行くのが難しいので、

今回は週末の晴れの確率が高いタイミングで移動をしました。

 

トルコの温泉地を目指して

本当はフェティエへ行く前に、

まずはボドルム→フェティエの道中にある、

Köyceğiz(キョイジェイズ)という場所の温泉地へ行く予定でした。

www.tripadvisor.com

 

今回Köyceğizの温泉地を提案してくれた彼は、

私が日本人で、湯船に使ったり、温泉が好きなのを知っていたので、

サプライズで旅の途中に寄りたかったみたいです。

 

Köyceğizの温泉地は、別々のドームの中にそれぞれ男女別の温泉もあるし、

温水プールみたいな屋外の温泉もありました。

 

(トルコの温泉は、水着をきて入るスタイル。)

 

それに、泥湯がある温泉地としても有名で、

写真を見る限り、相当楽しそうな泥湯でした!

 

道中にハプニング発生!

それが、あと数百メートル先でもうすぐ目的地の温泉へつく!!

っていうタイミングで・・・

 

遠くから、おしゃれなハットを被り、サングラスをかけたおじさんが

かっこいい自転車に乗ってやってきました。

 

こちらに手を振ってきたので、何かな〜?と思って窓を開けると、

 

「温泉に行こうとしてるの?残念だけど、今は閉まってるよ〜」

 

と親切に教えてくれたのでした。

 

私も彼も、かなり楽しみにしていただけに、結構ショックを受けましたが、

 

その日は天気も良く、

Köyceğizの素晴らしい自然を感じることができたので、結果オーライ!

 

親切なトルコ人の方との一瞬の出会いも、

このドライブをハッピーにしてくれたのでした。

  

でも、きっと今までの私だったら、

 

一生懸命調べてくれて驚かせようとしてくれた彼に対して、

なんで施設に事前問い合わせしなかったの〜?

と、多分プンスカ怒っていたと思いますw


でもトルコに住み始めて、今年の夏でもうすぐ2年経つ私。

さすがに、この行き当たりばったり感にも慣れてきましたw

 

彼はネットの情報を調べてくれていたけど、

昔のレビューを読んで、12ヶ月開いていると思っていたそうです。

 

私も事前にちゃんと調べていなかったし、自業自得。

 

でも、今回は、わりとすんなり切り替えられ、

旅を楽しむ方向へ、ポジティブな気持ちでドライブを再開!


今までは、自分の怒りや不安を、

心を開いているパートナーに向けて発散しがちだったのですが、

 

最近は、朝活を通して日記を書いたりヨガをしたり、

自分を客観視し、感情をコントロールする練習をしているので、

 

今回のように、気持ちの切り替え、

お互いがハッピーに過ごせるような発言や態度を

意識してできるようになってきました!

 

でも、まだまだ揺らぎがちになるので、

これは訓練を通して成長していくしかないですね・・・!

 

 

フェティエに到着!

フェティエに到着すると、早速彼のお兄さんのお家へ向かいます。

 

彼のお兄さんも、お兄さんの奥さんもまだ仕事をしていたので、

息子くんがお出迎えしてくれました。

 

私たちは朝9時ごろにボドルムを出て、

寄り道をしながらフェティエに着いたのは3時半くらいでした。

 

結構な長距離ドライブに疲れたので、一旦休憩〜!

お姉さんが家に帰ってきてからは、

トルコ料理のBarbunya(バルブンヤ)という豆料理を教えてもらうことになりました。

 

私は基本的にベジタリアンの食事をとっているので、

そのことをいつも配慮してくれて、本当に感謝です!

 

今回はYoutubeで料理動画を作ろうと思っているので、

お姉さんのクッキング教室!的な感じで、後ほど編集予定です。

 

完成はこんな感じ!!

f:id:lvst729:20210320173642j:plain

f:id:lvst729:20210320173433j:plain

 

とにかく、食材や調味料の配分がパーフェクトすぎて、

本当に美味しかったです・・・涙

 

玉ねぎのピリ辛サラダや、ヨーグルト、トゥルシュ、オリーブと一緒に

美味しく頂きました。

 

緊張していた彼の家族との時間に変化が・・・

時間を重ねるごとに、慣れてきた彼の家族との時間ですが、

 

やはり、初めて彼の家族を紹介してもらった時は、

トルコ語も全然わからないし、気を使いすぎて、

かなり緊張していたのを思い出します。笑

 

しかも、年上の彼なので、彼の家族とも年が離れている私。

 

それでも、最初から暖かく迎え入れてくれ、

今では少しずつわかるようになってきたトルコ語で会話したり、

 

お姉さんとは、英語とトルコ語の言語交換をしながらお互い勉強して、

楽しい時間を過ごせるようになりました。

 

nomad-life-in-turkey.hateblo.jp

 

↑私と彼のパートナーシップについて、前にも書きましたが、

やっぱり、私自身が、私の選択を心から受け入れて今過ごしているので、

 

結婚をしなくとも、信頼して大切にしているパートナーシップに自信を持ち、

彼との生活をさらに幸せに、感謝して過ごせるようになりました。

 

きっとそのような私の変化やパートナーシップの安定を感じたのか、

彼の家族も、私たちの幸せをとても喜んでくれているのが伝わり、

本当に嬉しかったです。

 

コンプレックスや、負い目を感じていることっていうのは、

何よりも自分自身で受け止めて、手放すことがいかに大切か、

そんなことを感じた瞬間でした。

 

まとめ

今は、2泊3日のアンタルヤのリゾートホテル滞在を楽しんでいるところです。

 

今回のアンタルヤ滞在は、彼の仕事がメインなので、

私は付き添いとして、彼に恥をかかせないように、

 

ちゃんとセミフォーマルな格好で過ごしたり、笑顔で挨拶したり、

基礎的なことに気をつけながら滞在しています。

 

彼の仕事の話は数字だらけ、専門的なことだらけで、

私は聞いていてもわからなくてぽかーんとしてしまうので、笑

 

挨拶回りだけ一緒にして、あとは私のホテルでの一人時間を楽しんでいます。

 

それに人が密集するエリアではコロナのリスクも高いと思うので、

私は極力、長時間特定の人と話したりしないよう、

ホテルの部屋に戻るようにしてます。

 

個人的には、元リゾートホテルの社員だったので、

5つ星ホテルのサービスを体験するのが面白く、

また勉強になります!

 

お客様の喜びを想像して、一歩先のサービスを提供することや、

その相手の心に寄り添った、親切な行動をとることは、

 

私の日常生活でも実践していきたいことの一つでもあります。

 

今回、とても親切なスタッフさんたちと出会えてハッピーです。

Youtubeに登場してくれるか聞いてみて、あとで動画取ろうと思います :)

 

それではまた〜(^^)/~~~

 

Nao