NOMAD LIFE IN TURKEY

【トルコ在住】28歳リモートワーカーの暮らしblog

トルコの山火事、TRTの放送を見ながら泣いた日😢

 

みなさん、こんばんは!

トルコ・ボドルム在住のNaoです。

 

今日はここ数日で起こっている、

トルコの山火事について書いていこうと思います。

 

f:id:lvst729:20210801032443p:plain

 

7月28日より続くトルコの山火事

日本でもニュースになったかと思うのですが、

7/28以降、連日に渡りトルコ各地で山火事が起こっています。

 

 

ボドルムでも山火事が発生

最初はAntalyaのManavgatの方で起こり、

7/29には、私の住むボドルムでも山火事が発生。

 

場所は、Güvercincilikというエリアで、5つ星ホテル「Titanic Hotel」あたり。

あっという間に火が広がり、ホテルも燃えてしまいました。

 

観光シーズン真っ只中なので、ホテルに宿泊していたお客さんも多かったはず。

みなさん、船を使って向かいの岸まで避難されている様子がニュースになりました。

 

そして、今日はボドルムのİçmelerエリアが山火事に。

 

 

私の家のバルコニーからも、煙がはっきりと見えて、

とても怖くなりました。

 

渋滞がなければ、バイクで10分ほど先にある山が燃え、

このトルコで起こっている山火事の怖さをとても身近に感じました。

 

自然、野生動物の命、住居までも燃えている現状

今回の火事で、家を失った人、消火活動中に亡くなった方、

避難中に怪我をしたり、呼吸困難になった方もいたでしょう。

 

多くの動物たちは、突然の山火事に混乱し、

逃げ場を失い、命を落としたでしょう。

 

今日は1日、在宅で仕事をしていたのですが、

全然仕事にも集中できず、心は上の空でした。

 

仕事は無事に終わりましたが、

すぐ近くの山が燃えている状況に感情が揺さぶられていたので、

 

彼が仕事を終え家に帰ってくると、

二人してTRTのニュースを見ながら、自然と泣いてしまいました。

 

罪のない動物たちや、自然がどんどん命を失っている現状、

必死になって、今も消火活動に励んでくださっている方々、

避難ができても、住む家が燃えてしまった方々、

 

本当に、この現状を見ると、辛く悲しい気持ちになってしまいますね。

私たちだけではなく、多くの方が今、やるせない気持ちでいっぱいだと思います。

 

異常な暑さが続くここ数日の話

私にとって、今年はトルコに来て3度目の夏。

 

毎年ボドルムの夏は、最高35度くらいの気候で、湿度は20〜40%ほどですが、

山火事が起こっているここ数日は、うだるような暑さで、日中は40度近いです。

 

山が燃えているということもあってか、暑さはさらに増していますし、

地球温暖化の影響もあって、毎年暑くなっているのかもしれません。

 

でも、トルコ各地で、

しかもエーゲ海や地中海沿岸のリゾート地周辺の山が次々と燃えている現状には、

どうしても疑いを持ってしまいますね😢

 

テロリストへの疑い

Twitterでは、主観的に呟いてしまいましたが、

テロリストの放火の疑いがあるのでは?と私も思ってしまいます。

 

 



もちろん、暑さや乾燥による自然発火も考えられると思います。

でもこのトルコ各地で連日起こってる山火事には、多くの人が疑いを抱くと思います。

 

放火疑いで拘束された人もいるようなので、

証拠が何か見つかることを願うばかりです。

 

トルコのゴミ問題も原因...?

テロリストの仕業か?と疑う反面、

トルコの山や道端に捨てたれたゴミ問題も軽視できません。

 

私がボドルムで住む中でも、

タバコのポイ捨て、ペットボトルを車の窓から投げる、裏山に溜まっているゴミなど。

 

きちんと処理されていない廃棄物をたくさん見かけます。

 

また、毎年夏には、山がだんだんと住宅地へと開発されていく中で、

住処を奪われたであろうイノシシたちが人里へやってきて、

ゴミ箱の中にある残飯を探しにやってきます。

 

私が住む家の裏にも、ゴミ箱が設置されてるのですが、

蓋やネットはなし、ゴミの分別もなしで、ごちゃ混ぜのゴミが入っています。

 

毎日朝10時ごろにゴミ収集車が回収に来てくれるのですが、

その頃には、夜イノシシに荒らされたゴミが散乱し、

ゴミ箱は倒れてしまっている状態。

 

ボドルムの山の方は風がよく通るので、

夏場でも強風の日は、簡単にゴミが飛ばされてしまいます。

 

また、ボドルムはわりと乾燥した気候なので、

細かく砕けてしまった瓶類などが、乾燥したところに捨てられていると、

太陽光で発火してしまう可能性が高いと言われています。

 

最後に...

本当のことはまだわからない状態ですが、 

まずは、一刻も早く消火活動が終わることを願うばかりです。

 

そして、被害がこれ以上広がらないように祈るしかないです。

 

自分がとても無力に感じてしまいますが、

私のSNSを通して、トルコから離れた場所にいる友人や

フォロワーさんにも、今の現状を伝えることができたらと思います。

 

トルコ以外でも、気候変動による自然災害や、

貧困問題、コロナ禍での混乱や秩序の乱れ、

 

本当に多くの問題が、たくさんの人たちを苦しめています。

 

立ち向かう問題はたくさんありますが、

その問題を知ることで、一人一人の行動のきっかけにも繋がると信じて、

微力ではありますが、情報発信ができたらと思っています。

 

また、私はこのタイミングで、山火事が起こっているトルコにいるので、

これを機に、失われゆく自然や野生動物に対してできることを模索しています。

 

まずは、自分たちが住むエリアに新しい木を植える。

野良の動物たちと共存して生活する。

 

野良猫や野良犬の食料・水を確保したり、

生ゴミはコンポストで肥料にしたり、

 

少しずつアイディアを出して、個人でもできることから始めようと思います。

暗いニュースばかりのここ数日ではありますが、

実は7/29は私の誕生日でして、今年28歳になりました。
(ブログのサブタイトルもそろそろ変えなきゃなと思っているところです(^^;;)

 

 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 

A post shared by Nao (@nomad_life_in_turkey)

 

約4年半前、ソウルメイトのようなパートナーとフィリピンで出会い、

2019年に、彼について初めてトルコにやってき私ですが、

 

トルコに住む中で、本当に学ぶことがたくさんあり、

 

自分と向き合い続ける中で、

なりたい自分、目指すライフスタイルがようやく明確になってきました。

 

28歳の私は、「Slow Living、スローライフ」がテーマ。

 

搾取や過剰な利益を求めず、今あるものを大切に、

目の前の暮らしに感謝、丁寧に過ごすことを目標として掲げました。

 

というのも、20代前半は、 

目先の仕事に追われ、体調を崩し、メンタルが崩壊。

 

社会のペースについていけない自分を嫌いになりながら生きていました。

 

でも、トルコに来て、少しずつ本来の自分らしさを取り戻し、

心が解放されてきた感覚があります。

 

きっとこの土地にもご縁があるのかもしれません。

 

自分がやらなきゃ!頑張らないと!と

自分で自分を追い詰めてしまう癖はまだまだありますが、

 

少し肩の力を抜いて、心地よい、持続可能なペースで生きていくこと。

 

そして自分が満たされている状態を保ちながら、

自然や動物、社会のためにできることを模索し、

実践していく20代後半を目指したいと思います。

 

暗いニュースに押しつぶされそうな日もありますが、

前を向いて希望を持って進んでいきたいですね!

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました!

それではまた〜(^^)/~~~

 

Nao

 

追記 9/3 

ボドルム近郊の山火事跡の様子をYouTubeにアップしました。


www.youtube.com

 

燃えてしまった山を見て、とても悲しい気持ちになりましたが、

黒くなった土から新しい緑が生え始めていて、とても驚きました。

 

黒くなった山として見るのではなく、

これから再生していく偉大な自然、命を繋いでいる山として、

これから見守っていきたいと思います🌿

 

 

ブログ村のランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村