NOMAD LIFE IN TURKEY

【トルコ在住】27歳リモートワーカーの暮らしblog

大人になってから忘れていた、自分の成長を楽しむということ

 

みなさん、こんにちは!

ボドルム在住のNaoです。

 

今日はArisa Kubota先生の朝ヨガチャレンジ(#WTG30YOGA)

なんと7日目!1週間が経過しました〜!

f:id:lvst729:20201029155652j:plain

今日はヨガ終わり、感じたことを忘れないようにブログに書き綴ります :)

 

私は結構3日坊主な性格で、

今までちょこっと興味あるなあ〜と手を出してもあんまり長続きせず、

知らぬ間にそのことを忘れているようなタイプです・・・が!

 

ヨガに関しては、なぜだか続けられているんです!

 

今日はそのヨガを練習し、先生のマインドを覗き見する中で思い出した、

「自分の成長を楽しむということ」について書いていこうと思います。

 

 

目標は大きくてもいい!けど・・・その過程を楽しまないと!

実は今日、Arisa先生からメールで届いたメッセージにハッとさせられました。

 

先生から届いたメールのタイトルは、「完璧よりも前進を祝う」。

 

今までの自分は、目標に対して完璧にやらなきゃ!

という思いが強すぎて、完璧にやりきれなかった時に

自分を責めてしまう癖がありました。

 

フィリピン留学時代の苦い経験

例えば、フィリピンに交換留学に行っていた時のこと・・・。

 

当時20〜21歳くらいだったと思います。

 

将来NGOに就職したい!

そのためには開発学や社会学を勉強して、

もっともっと貧困問題に立ち向かうぞ!!

 

と、相当気合が入っていました。

 

でも現実は、大きい目標に対して、基礎の基礎の勉強ばかり。

でもその基礎の基礎を勉強することさえ大変だったんです。涙

 

私はフィリピンのアテネオ・デ・マニラ大学という、

私立大学でもフィリピンNo.1と呼ばれる大学へ行きました。

(もちろん私の実力ではなく、外大の提携校だったから)

 

だから、日本では大学3年次の私が1年生の基礎クラスを取ることもあれば、

4年生のアドバンスクラスで学ぶ機会もあり、

学力の差についていけないことが多々ありました。

 

さらには、

 

タガログ語と英語が入り混じる環境で、肝心なところが理解できない!!

 

とか、

 

外大では英語で英語以外の学問を勉強する機会が少なかったので、

そもそもの専門用語や理論を知らなーい!!

 

とか。。

 

他大学からきている日本人の留学生たちのレベルが高すぎて、

全然追いつけない自分に焦りを感じていたのを覚えています。

 

そんな中、初めての中間テストが迫っていた時。

 

まさかのまさかで、私は前日に38度越えの高熱を出してしまいました。

でも、私は熱さまシートを貼って夜中まで勉強していたんです。笑

 

なぜなら、外大には成績が悪い生徒に対して

「強制送還」という制度があったから・・・

 

1学期目の総合評価で平均Cマイナス以下になると

留学は強制終了&外大が留学サポートに出した費用は返金!

 

 

という制度があって、もうテストに関してはかなり怯えていましたね。

 

*フィリピンの大学では、Aプラス・マイナス→Bプラス・マイナス

という風にAがよくて、Bから下に行くほど悪い結果になります。

Fが一番悪くて、Fなんぞとったら強制送還の可能性大ですw

 

そういった経緯もあって、

初めての中間テスト前日に、高熱でうなされながらも勉強していた自分・・・

 

先の目標&結果に怯え、それまでの過程を楽しむことなんてできませんでした。

 

毎日自分が達成したことを振り返り、自分を褒められていたら・・・

もう少しは気が楽になっていたかもしれません。

 

きっとあの当時は、毎日学ぶことに必死で、

自分の心に全然余裕がなかったんだと思います。

 

心に余裕がない時って、自分の内面よりも外側に意識が向きやすいと思います。

 

だから、当時は

自分よりも要領よく勉強している日本人の友達や、

他の国から来た留学生で、勉強もできて留学生活も楽しんでいる友達のことを

とても羨ましいなあと思っていました。

 

不器用な私、でもそれさえも受け入れてくれるヨガ

私はコツを掴むまで人より何倍も時間がかかります。

 

そもそも要領がよくないので、

自分なりのやり方を見つけるまで、勉強や仕事でかなり遠回りしてきました。

 

でもヨガって、誰かと競い合うわけでもないし、

明確な数字が出るようなスポーツとは違いますよね。

 

自分の体調や気分に合わせて、

やりたいヨガは変わってくるだろうし、

自分のコンディションに合わせてできることも毎回変わる。

 

呼吸にフォーカスして、

自分の内面、体の動き、マインドに意識を向けていく。

 

そしてそれを毎日、少しずつ積み重ねていく。

毎日心地いいなと思える時間を作る。

 

こうやって着実に前に進んでいく、続けていくことで

私は毎日少しずついい方向に向かっているな〜

成長しているな〜という風に感じられるようになりました。

 

焦らずに酒さと向き合うという決意

私は約2年前から肌荒れが悪化し、酒さという皮膚疾患に悩んでいます。

 

肌を綺麗にしたい!なんで昔の肌には戻らないんだろう?

なんで色々気をつけているのに治らないんだろう?

 

でも焦っても何一ついいことはないんだと最近Arisa先生のヨガで気づきました。

 

むしろ、毎日の積み重ねを大切に、

今日頑張った自分に寄り添い、もっと自分を大切に思うこと。

 

自分の体の声に耳を傾け、何が欲しいのか聴くように意識すること。

 

簡単なようで今までしてこなかったこと。

それはヨガであり、自分の内面と向き合うということでした。

 

そしてそういう自分の問題を、誰かと比べたりする必要はないということ。

 

私は私。

 

今まで蓄積してしまったストレスや、自分を痛めつけてきた食生活。

でもそれらを全て否定する必要はなくて、ただそういう過去を受け入れて、

じゃあこれから何ができる?という意識変換。

 

肌を綺麗にしたい!!!健康体になりたい!!!

という目標があったとしても、

 

そこにいきなりたどり着けるなんてことはなくて、

毎日の積み重ねでそこにたどり着けるんだということを再確認しました。

 

そして大事なのは、その成長を、その目標までの過程を楽しむこと :)

 

Arisa先生からのメッセージを胸に刻み、

残り3週間のチャレンジも楽しもうと思います!

 

そしてその先の自分の成長が何よりも楽しみです。

大人になってから、忘れてしまいがちな「自分の成長を楽しむこと」、

これからも意識して過ごしていきたいものです。

 

最後まで読んでくださってありがとうございました。

皆様の1日がハッピーでありますように。

 

それではまた(^^)/~~~

 

Nao