NOMAD LIFE IN TURKEY

【トルコ在住】27歳リモートワーカーの暮らしblog

Arisa Kubota先生のヨガ30日間チャレンジに挑戦中!【DAY 2】

 

みなさん、こんにちは!

ボドルム在住のNaoです。

 

今日は今私が挑戦しているヨガ30日間チャンレンジの2日目です!

 

f:id:lvst729:20201024200602j:plain

朝ヨガをしてから始める1日は、頭も体もスッキリ。
いつもより清々しい気持ちで朝の時間を過ごせました :)

 

朝起きて、いつものように

舌磨き・歯磨き・洗顔を終わらせ、

昔フィリピン・マニラで買ったヨガ用のレギンスを引っ張り出してきました。

 

いつもはパジャマでだらだらしがちな朝も、

ヨガのレギンスを履くだけで気持ちが高まります :)

 

そして今年に入って断捨離をしたお部屋にいき、

ヨガマットをしく。

 

パソコンを開いて、Arisa先生から届いたメールにゆっくり目を通します。

 

私はまだチャレンジを初めて2日目ですが、

Arisa先生が私たち参加者に投げかけてくださる問いが

すごく心地いいと感じています。

 

何かを押し付ける考え方ではなく、

シンプルな問いをそっと投げかけてくださる感じで、

自然と、ヨガを通して自分自身をもっと知りたい!という感覚になります。

 

【DAY 2】のメールでは、

 

「自分らしさって何だろう」という問いかけがありました。

 

両親に幼少期のことを聞くのがいいよ!

と書いてくださっていたので、

 

アドバイス通りに母に連絡してみました。

 

「私って幼少期どんなことが好き(Or 得意)やった?」

 

即既読がつき、結局<トルコー日本間>でLINE長電話をすることに。笑

 

Naoは、一言でいうとオテンバ娘やったな。

体を動かすことが好きで、見た目もやることも男の子みたいやった。

お兄ちゃんのおさがりの服着せたりしよった影響もあるかもしれんな。

 

花柄やピンクは絶対嫌といって、スカートやフリフリの服は着んかったし。

でも星柄は着よったな。笑

 

あとは3歳の時に、地域の敬老会で日本舞踊の発表会をみて、

絶対に自分もやりたい!と言い始めて、

小学校1〜6年生まで日本舞踊に打ち込んだよな。

 

あとは運動神経抜群で、走るのも早かったし、

バレーボールの才能はすごかったよ。

 

とのこと。

 

話を聞いてみて、

私は体を動かすことが好きだったんだと改めて気づきます。

 

どうして私が運動に億劫になったのかは、

前回のブログにまとめているのでよかったらご覧ください。 

nomad-life-in-turkey.hateblo.jp

 

 

私自身が、小さい頃好きだったことを思い出せば、

「書くこと」です。

 

字を書くのが好きで、

看護師の母が忙しくあまり家にいなかったので、

お手伝い券を作って、手紙を書いていたのを思い出します。笑

あとは友達との交換ノートも好きでした!

 

あとは母との電話で思い出したのが、

中学生3年生の頃、ボランティア活動のリーダーとして

老人ホームに通い、お年寄りの方々の話を聞いたり、

あとは活動を通して感じたことを歌に表現したりしていたのを覚えています。

 

放課後に、私といとこで教室に集まり、

歌詞を考え、メロディーをつけ、

いとこはピアノ、私はギターを練習し、歌を作りましたね。笑

 

自作の「いのちの歌」は、

後に後輩たちの代にまで受け継がれていて嬉しく思います。

 

ずば抜けて音楽のセンスがあったのか?

と言われたら、全然そうではありません。

 

歌もそんなに上手に歌えないけど、

何かを新しく始めたり、歌詞を考えたい!という好奇心を持っているところが

もしかして、自分らしさなのかもしれません。

 

また、同時にその頃、

中学校内の学校新聞を月一で発行していました。

 

詳しく内容までは覚えていませんが、

全て一から内容を考え、手書きで記事を書き、

印刷から各クラスへの配達まで行なっていたような記憶があります。

 

一通り、幼少期や学生時代を思い返すと、

私の好きなことには一貫性がある気がします。

 

体を動かして、何かを表現したり、

感じたことを文章に変え表現すること。

 

これは私の本来好きで、得意なことだったのか!と今改めて気づきました。

 

今こうしてブログを書いているのも、

自分が感じたことを、文章にまとめ、誰かに伝えるための表現の手段だから。

 

ヨガを始めたのは、

本来好きだった、体を動かすことを今になって思い出すためかも知れません。

 

そう考えると、色々繋がってきて、本当に面白いですね!

 

大学生になってからは、

持ち前のオテンバ娘時代の好奇心を生かして

フィリピンに留学し、新しい世界を知りました。

 

当時、貧富の格差を目の当たりにした私は

自分の中に様々な感情があり、落ち込むこともありました。

 

でもその感情のはけ口として、自然と絵を描き始めました。

 

友達には最初、「え!めっちゃ怖い!」と言われた絵たちです。

ちょっと私の感情むき出しの絵をみてください。笑

 

f:id:lvst729:20201024205953j:plain

「フィリピンの涙」

 

f:id:lvst729:20201024210221j:plain

「瞳、涙」

 

f:id:lvst729:20201024211746j:plain

海に沈む瞳

 

f:id:lvst729:20201024210402j:plain

「アミダクジの人生」

当時の私の感じた感情そのまま

この絵に現れているなあ〜って思います。

 

そうやって、私は常に、体・心で感じたことを

表現してきたんだな〜と気づくことができました。

 

ヨガチャレンジ2日目は、

自分の過去を振り返る旅だったように思います。

 

過去を辿っていく中で、思い出した本来の私。

 

大人になるにつれて、個性が目立ってしまうことを恐れ、

本来の自分を遠ざけてしまったのかも知れません。

 

今日思い出した、本来の私の姿を忘れず、

 

これからも、好奇心の向くほうへ進み、

自分の目でその世界を見て、体験し、新しい価値観や世界観に触れ、

 

それを何かの形で表現していきたいんだろうなと気づくことができました。

 

今やっているブログやYoutubeは、

きっと私が見て感じた、トルコやトルコでの暮らしを誰かに伝えたいから、

その手段として選び、表現しているんだとも納得。

 

ヨガはもしかして、自分を知り、認め、好きになる

長い長い旅なのかも知れません。

 

自己愛を育て、表現することを恐れず、他者を思いやることができる、

そんな素敵な女性になれるよう、明日DAY 3も頑張ります :)

 

今日したDAY 2のヨガ動画はこちらです!🔽


【初心者むけ】DAY 2 上半身ほぐす朝ヨガ 深い呼吸で免疫力を高める - 30 DAY ヨガ Growth

 

それではまた〜!(^^)/~~~

 

Nao